(最終更新日:2022-06-07 10:19:01)
  イシダ タクヤ
  石田 拓也
   所属   追手門学院大学  心理学部 心理学科
   追手門学院大学  大学院 心理学研究科
   職種   特任助教
■ 一般向け情報
研究ジャンル : メンタルヘルス
研究のキーワード : 臨臨床心理学 精神分析 思春期 青年期
研究に関するコメント : 医療・教育の両領域において、思春期青年期の人の心理的な研究を行っています。特に、発達障害を抱える人の困難について、その症状だけに留まらず、心理的な特徴を精神分析的な視点から研究しています。
■ 学歴
1. 2003/04~2007/03 同志社大学 文学部 心理学専攻 卒業
2. 2008/04~2010/03 天理大学 臨床人間学研究科 修士課程修了
3. 2010/04~2014/03 京都府立医科大学 精神機能病態学 博士課程単位取得満期退学
■ 職歴
1. 2011/09~2015/03 学校法人西大和学園中・高等学校 スクールカウンセラー
2. 2011/11~ たちメンタルクリニック/上本町心理療法オフィス
3. 2014/04~2020/03 国立大学法人 奈良女子大学 臨床心理相談センター 非常勤講師
4. 2014/04~2021/03 橿原市教育委員会 こころのケア・ルーム
5. 2017/04~2021/03 学校法人常翔学園 摂南大学 非常勤講師
全件表示(7件)
■ 著書・論文歴
1. 論文  Winnicottの事例を読み直す:発達障害の視点から (単著) 2022/03
2. 論文  セッティングとしての言葉の使用:独立学派の特質から (単著) 2022/03
3. 論文  設定の中で万能感を経験すること (単著) 2019
4. 論文  抱えることについての一考察 (単著) 2019
5. 論文  自己がまとまらずにいた女性との心理療法過程 (単著) 2018
全件表示(8件)
■ 現在の専門分野
臨床心理学 (キーワード:臨床心理学、精神分析的心理療法、思春期青年期精神医学) 
■ 所属学会
1. 日本ウィニコット協会
2. 2020/05~ ∟ 理事(事務局長)
3. 日本思春期青年期精神医学会
4. 2019/07~ ∟ 運営委員
5. 2019/07~ ∟ 編集委員
全件表示(9件)
■ 学会発表
1. 2021/11/16 対象を見出すこと(日本精神分析学会第67回大会)
2. 2021/09/05 セッティングとしての言葉の使い方(第40回日本心理臨床学会自主シンポジウム)
3. 2020/11/29 遊ぶことと悪ふざけ(ウィニコット・フォーラム2020)
4. 2019/07/06 現代対象関係論の展開 抱えることか、逸脱か:KhanからBollasへ(第8回日本精神分析的心理療法フォーラム)
5. 2019/06/06 対象関係論の立場からみるセラピーの頻度と目的: トラウマに触れること(心理臨床学会第38回大会自主シンポジウム)
全件表示(16件)
■ 講師・講演
1. 2022/04/10 精神分析と狂気
2. 2022/02/20 学校臨床ことはじめ:倫理をめぐって
3. 2022/01/08 関西弁で読み直すオイディプス王:イオカステはいつ気づいたのか
4. 2021/04/04 一人のWinnicottなどというものはいない
5. 2020 ASD時代と偽りの自己の連関をめぐって:Culture Bondingの視点から
全件表示(18件)
■ 社会における活動
1. 2021/04 一人のWinnicottなどというものはいない(指定討論)
2. 2020/02 稽古の視点・修養の視点:臨床心理士の成熟をめぐって 西平先生への質問(討論)
3. 2019/11 今、あらためてウィニコットを知る(司会)
4. 2019/04~2021/03 奈良県臨床心理士会 医療保健・高齢者支援部会 研修委員/部会長
5. 2018~2018 2nd Regional Meeting of International Society for Adolescent Psychiatry and Psychology  joint with 31st Annual Meeting of Japan Society for Adolescent Psychiatry 事務局長
全件表示(9件)
■ 資格・免許
1. 公認心理師
2. 臨床心理士