(最終更新日:2023-12-14 09:35:32)
  タニ ケイスケ
  谷 恵介
   所属   追手門学院大学  心理学部 心理学科
   職種   特任助教
■ 一般向け情報
研究ジャンル : 健康問題
研究のキーワード :空間知覚 身体制御 運動
研究に関するコメント : 「ヒトは、どのように自己の身体や外環境の位置や方向を知覚し、運動へと結びつけているのか」という問いを明らかにするため、心理学的または神経生理学的側面からアプローチする研究を行っています。
■ 学歴
1. 2006/04~2010/03 金沢大学 医学部 保健学科 (理学療法学専攻)
2. 2013/04~2015/03 大阪府立大学 総合リハビリテーション学研究科 修士(リハビリテーション学)
3. 2015/04~2018/03 京都大学大学院 人間・環境学研究科 博士(人間・環境学)
■ 職歴
1. 2010/04~2015/03 社会医療法人ペガサス 馬場記念病院 リハビリテーション部 理学療法士
2. 2017/04~2017/08 四條畷学園大学 リハビリテーション学部 非常勤講師
3. 2017/04~2018/03 独立行政法人日本学術振興会 特別研究員(DC2)
4. 2018/04~2021/03 浜松医科大学 心理学 特任助教
5. 2021/03~ 追手門学院大学 心理学部
6. 2021/04~ 追手門学院大学 心理学部 心理学科 特任助教
■ 著書・論文歴
1. 論文  Temporal properties of the speed-accuracy trade-off for arm-pointing movements in various directions around the body. (共著・編著(代表編著を除く)) 2023/09 Link
2. 論文  重力下における身体軸知覚の特性とその神経基盤 (単著) 2023/08 Link
3. 論文  Neuroanatomy of reduced distortion of body-centred spatial coding during body tilt in stroke patients. (代表編著) 2023/07 Link
4. 論文  Association between body-tilt and egocentric estimates near upright (代表編著) 2023/04 Link
5. 論文  Psychophysical evidence for the involvement of head/body-centered reference frames in egocentric visuospatial memory: A whole-body roll tilt paradigm. (代表編著) 2023/01 Link
6. 論文  Coil orientation affects pain sensation during single-pulse transcranial magnetic stimulation over broca’s area (代表編著) 2021/08
7. 論文  Neuroanatomical correlates of the perception of body axis orientation during body tilt: a voxel-based morphometry study (代表編著) 2021/07
8. 論文  Dynamic arm movements attenuate the perceptual distortion of visual vertical induced during prolonged whole-body tilt (代表編著) 2021/05/01
9. 論文  Dosimetry Analysis in Non-brain Tissues During TMS Exposure of Broca's and M1 Areas. (共著・編著(代表編著を除く)) 2021
10. 論文  Quantitative Assessment of Pain Threshold Induced by a Single-Pulse Transcranial Magnetic Stimulation (代表編著) 2020/06
11. 論文  Effect of dynamic visual motion on perception of postural vertical through the modulation of prior knowledge of gravity. (代表編著) 2020/01
12. 論文  Whole-body roll tilt influences goal-directed upper limb movements through the perceptual tilt of egocentric reference frame (代表編著) 2018/02
13. 論文  The Effect of Monaural Auditory Stimulus on Hand Selection When Reaching (代表編著) 2017/07
14. 論文  Core stability trainingにより運動失調およびバランス障害が改善した重度小脳性および感覚性運動失調の一症例 (共著・編著(代表編著を除く)) 2017
15. 論文  Abnormal bias in subjective vertical perception in a post-stroke astasia patient (代表編著) 2016/10
16. 論文  Prediction of destination at discharge from a comprehensive rehabilitation hospital using the home care score (共著・編著(代表編著を除く)) 2016/10
17. 論文  Time and direction preparation of the long latency stretch reflex (共著・編著(代表編著を除く)) 2016/06
18. 論文  Corticospinal Modulations during Bimanual Movement with Different Relative Phases (共著・編著(代表編著を除く)) 2016/03
19. 論文  Corticospinal Excitability in the Hand Muscles is Decreased During Eye Movement with Visual Occlusion (共著・編著(代表編著を除く)) 2016/02
20. 論文  Home care score predicts the advisability of home care when it is difficult to predict it using the functional independence measure score (共著・編著(代表編著を除く)) 2016
21. 論文  Monaural Auditory Cue Affects the Process of Choosing the Initial Swing Leg in Gait Initiation (共著・編著(代表編著を除く)) 2015/11
22. 論文  The effect of tonic contraction of the finger muscle on the motor cortical representation of the contracting adjacent muscle (共著・編著(代表編著を除く)) 2015/06
23. 論文  Prediction of Advisability of Returning Home Using the Home Care Score. (共著・編著(代表編著を除く)) 2015
24. 論文  Bimanual coordination of force enhances interhemispheric inhibition between the primary motor cortices (共著・編著(代表編著を除く)) 2014/10
25. 論文  Asymmetry of Anticipatory Postural Adjustment During Gait Initiation (共著・編著(代表編著を除く)) 2014/09
26. 論文  Revision of the Predictive Method Improves Precision in the Prediction of Stroke Outcomes for Patients Admitted to Rehabilitation Hospitals (共著・編著(代表編著を除く)) 2014/09
27. 論文  Different corticospinal control between discrete and rhythmic movement of the ankle (共著・編著(代表編著を除く)) 2014/07
28. その他 重力下における空間知覚と身体運動の相互作用 (単著) 2022/11
29. その他 TMSによる言語野刺激における末梢神経のモデル化 (共著・編著(代表編著を除く)) 2019/10
30. その他 TMSによる痛み・知覚に関する刺激閾値のコイル角度依存性 (共著・編著(代表編著を除く)) 2019/08
31. その他 Effects of visual information around the target on dart task performance and kinematics (共著・編著(代表編著を除く)) 2016/07
■ 授業科目
1. 科学技術プログラミング演習Ⅰ・Ⅱ
2. 特別演習
■ 現在の専門分野
リハビリテーション科学, 体育、身体教育学, 実験心理学, 認知科学 (キーワード:空間知覚・認知、運動制御、脳、重力、感覚、知覚情報処理、リハビリテーション) 
■ 所属学会
1. 日本基礎理学療法学会
2. 日本神経科学会
3. 北米神経科学会
4. 2022/04~ 日本基礎理学療法学会
5. 2021/08~ 日本基礎心理学会
6. 2017/11~2018/11 日本スポーツ心理学会
■ 学会発表
1. 2023/12/02 重力知覚における視覚依存性に対する小脳の寄与 —低頻度経頭蓋磁気刺激による検証—(第28回日本基礎理学療法学会)
2. 2022/10/15 脳卒中患者における重力・身体軸方向知覚の特性-身体傾斜時に着目して-(第20回神経理学療法学会学術大会)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2023/04~  自己運動中のヒトの触知覚特性の解明 若手研究  Link
2. 2020/04~2023/03  ヒトの重力空間知覚に関わる神経基盤の解明 -新たな介入方法の開発を目指して- 科学研究費助成事業 若手研究,若手研究 
3. 2018/08~2020/03  脳卒中患者における方向認知と姿勢制御の機能的関連性及びその神経基盤の解明 科学研究費助成事業 研究活動スタート支援,研究活動スタート支援 
4. 2017/04~2019/03  能動的身体運動が重力空間の知覚を促進させる可能性 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費,特別研究員奨励費 
■ 講師・講演
1. 2022/10/02 重力下における身体軸知覚の特性とその神経基盤(大阪)
■ 資格・免許
1. 2010/04/01 理学療法士免許