(最終更新日:2022-04-11 11:05:06)
  ウエマツ アズサ
  植松 梓
   所属   追手門学院大学  社会学部 社会学科
   職種   准教授
■ 一般向け情報
研究ジャンル : スポーツ科学
研究のキーワード : スポーツ科学 健康科学 水泳 トレーニング
研究に関するコメント : 競技力向上や健康増進のための運動について、動作の特徴と神経筋制御の観点から研究を行っています。
■ 学歴
1. 2000/04~2004/03 早稲田大学 人間科学部 スポーツ科学科 卒業
2. 2004/04~2006/03 早稲田大学 人間科学研究科 人間科学 修士課程修了
3. 2007/04~2011/01 早稲田大学 人間科学研究科 人間科学 博士課程修了
■ 職歴
1. 2011/04~2013/03 大阪体育大学 助手
2. 2013/04~2015/03 早稲田大学 人間科学部 助手
3. 2015/04~2019/03 獨協医科大学 基盤教育部門 助教
4. 2019/04~2021/03 獨協医科大学 基盤教育部門 講師
5. 2021/04~ 追手門学院大学 社会学部 社会学科 准教授
■ 著書・論文歴
1. 著書  ニューロメカニクス 身体運動の科学的基盤 (共著・編著(代表編著を除く)) 2017/01
2. 論文  Low-intensity resistance training with moderate blood flow restriction appears safe and increases skeletal muscle strength and size in cardiovascular surgery patients: A pilot study (共著・編著(代表編著を除く)) 2021/02
3. 論文  エリートおよびサブエリートボードパドラーのライフセービング全力ニーパドリングにおける体幹と下肢動作のキネマティクス的比較 (共著・編著(代表編著を除く)) 2021
4. 論文  Optimal KAATSU pressure increases muscle activities during low-load exercise in an elderly female frail patient receiving transcatheter aortic valve implantation (共著・編著(代表編著を除く)) 2020/04
5. 論文  Long-term qigong practice is associated with improved self-perceived health and quality of life (共著・編著(代表編著を除く)) 2020
全件表示(33件)
■ 現在の専門分野
スポーツ科学 (キーワード:運動生理学、水泳水中運動、バイオメカニクス) 
■ 所属学会
1. 日本水泳水中運動学会
2. 日本体力医学会
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2020/04~2024/03  加圧トレーニングを応用した新規心臓リハビリテーションの開発 科学研究費助成事業 基盤研究(C),基盤研究(C) 
2. 2019/04~2020/03  心疾患患者に対する加圧トレーニングの効果と安全性に関する研究  
3. 2016/04~2019/03  狭路歩行を応用した歩行バランス能力評価方法の開発 科学研究費助成事業 若手(B) 
4. 2011  両側性運動による中枢神経系の可塑的変化  
5. 2008  筋の神経制御機構に対する対側同名筋収縮の効果  
全件表示(6件)
■ 展覧会・演奏会・競技会等
1. 2011/04 日本水泳連盟科学委員会 科学委員
2. 2003~2011/03 日本水泳連盟 科学委員会レース分析事業協力スタッフ
■ 委員会・協会等
1. 日本水泳連盟 科学委員会科学委員