(最終更新日:2020-12-11 13:22:25)
  ショウノ オサム
  庄野 修
   所属   追手門学院大学  心理学部 心理学科
   職種   教授
■ 一般向け情報
情報技術
深層学習・ニューラルネット
ニューラルネットを使って、人の能力を工学的に実現したり、人の行動を解析したりする研究をしています。
■ 学歴
1. 1988/04~1992/03 京都大学 理学部 卒業 学士(理学)
2. 1992/04~1994/03 京都大学 理学研究科 生物物理学 修士課程修了 修士(理学)
3. 1994/04~1999/03 京都大学 理学研究科 生物物理学 博士課程修了 博士(理学)
■ 職歴
1. 1999/04~2004/09 理化学研究所 脳科学総合研究センター 研究員
2. 2005/01~2020/03 株式会社 ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン 研究員
3. 2018/04~2020/03 早稲田大学理工院 創造理工学研究科 客員准教授
4. 2020/04~ 追手門学院大学 心理学部 心理学科 教授
■ 著書・論文歴
1. 論文  Dynamics of basal ganglia and thalamus in Parkinsonian tremor (共著・編著(代表編著を除く)) 2019
2. 論文  Computational model of recurrent subthalamo-pallidal circuit for generation of parkinsonian oscillations (共著・編著(代表編著を除く)) 2017/03/21
3. 論文  Contribution of nucleus accumbens core (AcbC) to behavior control during a learned resting period: introduction of a novel task and lesion experiments (共著・編著(代表編著を除く)) 2014
4. 論文  モジュール型ニューラルネットワークによる柔軟な行動学習 (共著・編著(代表編著を除く)) 2012
5. 論文  Real-time simulation of a spiking neural network model of the basal ganglia circuitry using general purpose computing on graphics processing units (共著・編著(代表編著を除く)) 2011/11/01
全件表示(12件)
■ 学会発表
1. 2020/10/09 3DCNNとTemporal Skip Connectionを利用したビデオ予測モデルの提案と評価(第38回日本ロボット学会学術講演会)
2. 2018/11 Deep unsupervised learning of a topological map of vehicle maneuvers for characterizing driving styles(21st International Conference on Intelligent Transportation Systems (ITSC))
3. 2015/10 Spiking neuron model of the basal ganglia for the generation of parkinsonian pathological oscillations(The 2015 Annual Meeting of the Society for Neuroscience.)
4. 2014/07 Local circuit model of the subthalamo-pallidal network for the generation of parkinsonian oscillations.(Twenty Third Annual Computation al Neuroscienc e Meeting: CNS*2014)
5. 2013/11 Is the pro-kinetic versus anti-kinetic dichotomy of the direct and indirect pathways of the basal ganglia necessary for accounting dopaminergic modulation of reaction times?(The 2013 Annual Meeting of the Society for Neuroscience.)
全件表示(17件)
■ 受賞学術賞
1. 2011/10 日本シミュレーション学会 研究員賞
■ 教育、研究、社会貢献活動の方針
1. 教育活動の方針: 自らの置かれた状況を理解して問題解決できる能力を身につけて欲しい
2. 研究活動の方針:人の知能を支える神経回路網のメカニズムの解明を目指しています。
3. 社会貢献活動の方針: 研究成果を実社会に活用することで、人々の生活がより良くなることを目指しています。
■ メールアドレス
  kyoin_mail