(最終更新日:2022-06-27 10:44:24)
  クズニシ リサ
  葛西 リサ
   所属   追手門学院大学  地域創造学部 地域創造学科
   追手門学院大学  大学院 現代社会文化研究科 現代社会学専攻
   職種   准教授
■ 一般向け情報
社会問題
ひとり親、住宅問題、居住貧困、子どもの貧困、シェア居住、空き家
住宅政策、特に、ひとり親の居住貧困問題に関する研究を行っています。その解決策として、公的施策への提言のほか、民間の不動産関連事業者とともに、空き家を活用したシェアハウスの提案なども実践しています。
■ 学歴
1. 2001/10~2007/03 神戸大学 自然科学研究科 地球環境科学 博士課程修了 学術博士
■ 職歴
1. 2007/04~2008/03 神戸大学工学部工学研究科 COE 研究員
2. 2008/04~2013/03 大阪市立大学都市研究プラザ GCOE 研究員
3. 2011/04~2017/09 大阪体育大学健康福祉学部 非常勤講師
4. 2012/10~2013/03 神戸松蔭女子大学院大学人間科学部 非常勤講師
5. 2013/04~2016/03 神戸女子大学家政学部 非常勤講師
全件表示(10件)
■ 著書・論文歴
1. 著書  住まいの百科事典 (共著・編著(代表編著を除く)) 2021/04/30
2. 著書  シリーズ子どもの貧困第5巻、支える・つながる 地域・自治体・国の役割と社会保障 (共著・編著(代表編著を除く)) 2019/06
3. 著書  変われるか!都市の木密地域、老いる木造密集地域に求められる将来ビジョン (共著・編著(代表編著を除く)) 2018/11
4. 著書  住まい+ケアを考える~シングルマザー向けシェアハウスの多様なカタチ~ (単著) 2018/10
5. 著書  「ふつう」暮らしからよみとく環境デザイン (共著・編著(代表編著を除く)) 2018/05
全件表示(104件)
■ 現在の専門分野
家政学、生活科学, ジェンダー (キーワード:住宅政策、居住福祉、居住貧困、母子世帯、子どもの貧困) 
■ 所属学会
1. 2013/04~2019/03 日本家政学会
2. 2011/04~ 一般社団法人日本社会福祉学会
3. 2008/04~2012/03 日本居住福祉学会
4. 2007/04~2012/03 都市計画学会
5. 2004~ 都市住宅学会
全件表示(8件)
■ 学会発表
1. 2022/06/11 平時及びコロナ禍の母子世帯の居住貧困(日本地域福祉学会第36回大会(福岡大会)大会企画シンポジウム)
2. 2021/09/09 ひとり親世帯向けシェアハウスの実態とセーフティネット住宅登録基準に関する研究 その2 住宅セーフティネット法の共同居住型賃貸住宅登録基準の提案(日本建築学会大会(東海) 建築社会システム)
3. 2021/09/09 ひとり親世帯向けシェアハウスの実態とセーフティネット住宅登録基準に関する研究 その1 ひとり親世帯向けシェアハウスの物的状況と入居実態(日本建築学会大会(東海) 建築社会システム)
4. 2021/09/09 セクシュアルマイノリティの住宅問題(日本建築学会大会(東海) 建築社会システム)
5. 2021/04/17 シンママシェアハウスの社会的役割とこれから(公益社団法人都市住宅学会関西支部 2021年度通常総会及び記念フォーラム) Link
全件表示(56件)
■ 受賞学術賞
1. 2019/11 公益社団法人都市住宅学会 公益社団法人都市住宅学会 論文賞 (母子世帯向けシェアハウスの全国的動向―運営主体の実態と建物、家賃と付帯サービスの方法―) Link
2. 2016/06 一般財団法人住総研 一般財団法人住総研 研究選奨 (ケア相互補完型集住への潜在的ニーズの把握と普及に向けた課題 -地域に住み続けるためのケアと住まいの一体的供給―) Link
3. 2009/05 公益社団法人都市住宅学会 公益社団法人都市住宅学会 研究奨励賞 (母子世帯の居住水準と住居費の状況-大阪府及び大阪市の事例調査を中心として-) Link
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2013/11 私たちの住まいと生活
●教育に関する発表
1. 2022/04/01 雑誌 建築とまちづくり 特集建築まちづくり教育を社会とのかかわりのなかで、において教育プログラムを紹介
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2021/12/14 日経新聞(夕刊) 追手門学院大 住宅問題学ぶゼミ LGBTQ苦悩に気づき
2. 2021/11/06 九州レインボープライド、三好不動産ちゃんねる LGBTQ×住まいをテーマに座談会 Link
3. 2021/04/07 朝日新聞(大阪)ゼミ活動における調査研究成果の発信 Link
全件表示(6件)
■ 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 2014/01~2014/05 海外の高齢者住宅動向調査
2. 2013/09~2014/04 高齢者居住安定確保計画策定ガイドライン検討WG
3. 2013/08~2014/03 高齢者向け住宅に係わる情報提供及び事前説明のあり方方に関する調査
4. 2013/08~2014/03 住宅のバリアフリー化等の住環境向上の効果分析、改修促進方策
5. 2013/08~2014/06 低所得低資産高齢者の住まいと生活支援のあり方に関する調査研究事業
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2022/07~2025/03  リノベーションによる建築ストックの公共利用に関する実践的研究  
2. 2021/07~2022/10  セクシャルマイノリティの住宅問題  「誰と住むかは私が決める」ことができる社会の実現に向けて  (キーワード:LGBTQ、性的少数者、セクシュアルマイノリティ、住宅問題、居住実態)
3. 2021/07~2024/03  復興主体の差異は被災地に何を生み出すのか 住生活の継承と伝承をめぐる国際比較を通じて  
4. 2020/07~2022/03  持続可能性を背景とした政策イノヴェーションにおける社会経済的マイノリティのケイパビリティに関する調査  
5. 2019/06~2020/10  「住、育、職」一体型サポートによるシングルマザーの自立支 援シングルマザー向けシェアハウスとはどうあるべきか?  
全件表示(25件)
■ 講師・講演
1. 2022/06/18 住まいと暮らしの多様性 調査結果から見るLGBTQの困難(西宮市男女共同参画センターウェーブ)
2. 2022/06/09 女性と居住貧困(ZOOMによるオンライン講演)
3. 2022/05/17 ひとり親、単身女性などの居住貧困と家賃補助制度の不可欠性(参議院議員会館101会議室(ZOOM講演)) Link
4. 2022/03/16 単身女性の居住貧困を可視化する必要性(オンライン開催) Link
5. 2022/02/16 コロナ禍の母子世帯の住生活貧困と新たな住まいの可能性(京都経済センター会議室) Link
全件表示(71件)
■ 社会における活動
1. 2022/07 インタビュー記事 コロナ禍シングルマザーの住まいは今 Link
2. 2022/06 NHKロクいち!福岡 不動産会社がLGBTと物件契約に関連して取り組みをスタート
3. 2022/04 毎日新聞 夕刊 単身女性の住居費:単身女性、重い住居費 「公的支援少なく、将来に不安」
4. 2022/04 NHKニュース 神戸市にオープンのシェアハウスシングルマザーも対象に Link
5. 2022/04 神奈川新聞 「住宅支援不十分」 シングル女性の横浜住宅調査 Link
全件表示(103件)
■ 委員会・協会等
1. 2022/07/01~2026/03/31 一般財団法人コープこうべ奨学金財団 評議員 評議員
2. 2022/05/20~ 大阪公立大学先端的都市研究拠点公募共同研究課題選考委員会 選考委員
3. 2022/01/15~2022/03/31 一般財団法人日本民間公益活動連携機構 空き家活用母子ハウスモデル審査委員 審査委員
4. 2021/09/01~2022/03/31 公益財団法人横浜市男女共同参画推進協会「単身女性の住まいの調査」プロジェクト 監修者
5. 2021/07/14~ 大阪市西成区「新たなチャレンジをめざす若者や子育て世帯の暫住も含めた居住促進に向けた住環境整備手法の調査検討」にかかる不動産業等専門家への意見聴取 アドバイザー
全件表示(16件)
■ 資格・免許
1. 2013/10/01 専門社会調査士(第002015号)
■ 教育、研究、社会貢献活動の方針
1. 教育の方針:社会実態をよりリアルに感じ取ってもらうための授業計画を心がけ、埋没しがちな社会課題を可視化し、地域デザインという手法を用いて解決提案できる人材の育成を目指します。
2. 研究活動の方針:家族の変化に伴い噴出する住宅問題の諸相を可視化するとともに、公的住宅政策再編の提案と民間との連携による空き家活用の実践モデルの構築をテーマにしています。
3. 社会貢献活動の方針:企業との協働によるシングルマザー向けシェアハウスのプロデュースや不動産業界と国やNPO等の関連組織をつなぐネットワークの構築など、研究蓄積をカタチにし実社会へとフィードバックすることを心がけています。
■ ホームページ
   https://kuzunishilisakenkyu.wordpress.com/
■ メールアドレス
  kyoin_mail