(最終更新日:2020-09-20 14:55:20)
  クズニシ リサ
  葛西 リサ
   所属   追手門学院大学  地域創造学部 地域創造学科
   職種   准教授
■ 一般向け情報
社会問題
ひとり親、住宅問題、居住貧困、子どもの貧困、シェア居住、空き家
住宅政策、特に、ひとり親の居住貧困問題に関する研究を行っています。その解決策として、公的施策への提言のほか、民間の不動産関連事業者とともに、空き家を活用したシェアハウスの提案なども実践しています。
■ 学歴
1. 2001/10~2007/03 神戸大学 自然科学研究科 地球環境科学 博士課程修了 学術博士
■ 職歴
1. 2007/04~2008/03 神戸大学工学部工学研究科 研究員
2. 2008/04~2013/03 大阪市立大学都市研究プラザ 研究員
3. 2011/04~2017/09 大阪体育大学健康福祉学部 非常勤講師
4. 2012/10~2013/03 神戸松蔭女子大学院大学人間科学部 非常勤講師
5. 2013/04~2016/03 神戸女子大学家政学部 非常勤講師
全件表示(10件)
■ 著書・論文歴
1. 著書  シリーズ子どもの貧困第5巻、支える・つながる 地域・自治体・国の役割と社会保障 (共著・編著(代表編著を除く)) 2019/06
2. 著書  変われるか!都市の木密地域、老いる木造密集地域に求められる将来ビジョン (共著・編著(代表編著を除く)) 2018/11
3. 著書  住まい+ケアを考える~シングルマザー向けシェアハウスの多様なカタチ~ (単著) 2018/10
4. 著書  「ふつう」暮らしからよみとく環境デザイン (共著・編著(代表編著を除く)) 2018/05
5. 著書  母子世帯の居住貧困 (単著) 2017/03
全件表示(91件)
■ 現在の専門分野
家政学、生活科学, 建築計画、都市計画, ジェンダー (キーワード:住宅政策、居住福祉、居住貧困、母子世帯、子どもの貧困) 
■ 所属学会
1. 2013/04~2019/03 日本家政学会
2. 2011/04~ 一般社団法人日本社会福祉学会
3. 2008/04~2012/03 日本居住福祉学会
4. 2007/04~2012/03 都市計画学会
5. 2004~ 都市住宅学会
全件表示(8件)
■ 学会発表
1. 2020/09/10 コロナウイルスがシングルマザーの住生活に与えた影響(2020年度建築学会大会、秋の建築計画祭り関連事業)
2. 2020/09 浜田市のシングルペアレント(SP)向け移住支援事業の実態(日本建築学会関東大会) Link
3. 2020/08/29 Single Mother Households’ Housing Poverty and Role of Shared Housing Managed by Private Company in Japan(ENHR(Housing for Next European Social Model, Workshop Session V – Workshop No.25)
4. 2018/12 団地型集合住宅を活用した母子世帯向けシェアハウスの可能性―改修、管理運営の計画プロセスー(都市住宅学会第26回学術講演会)
5. 2018/11/23 デンマークにおけるひとり親やDV被害者のための居住支援、人の自立をささえる北欧の多様な居住環境デザイン(~社会システムと場所の質からよみとく北欧の「ふつう」の生活その3~)
全件表示(48件)
■ 受賞学術賞
1. 2019/11 公益社団法人都市住宅学会 論文賞
2. 2016/06 一般財団法人住総研 研究選奨
3. 2009/05 公益社団法人都市住宅学会 研究奨励賞
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2013/11 私たちの住まいと生活
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2019/06~2020/10  「住、育、職」一体型サポートによるシングルマザーの自立支 援シングルマザー向けシェアハウスとはどうあるべきか?  
2. 2019/04~2022/03  ひとり親の階層性に着目した問題解決型集住システムの開発 基盤研究(C) (キーワード:ひとり親 / シェアハウス / 住宅政策 / 居住貧困 / シングルマザー向けシェアハウス)
3. 2019/04~2022/03  単身高齢者のためのインターローカル在宅看取りシステムの確立 基盤研究(C) (キーワード:在宅看取り / 単身高齢者 / 孤独死 / 小規模施設 / 援助関係)
4. 2018/06~2019/10  韓国の母子世帯の居住貧困の見える化と支援方策に関する研究 韓国版ケア補完型集住の可能性に向けて  
5. 2017/04~2020/03  母子世帯の貧困解消に向けた住生活プラットフォーム型支援モデルの可能性 特別研究員奨励費 (キーワード:ひとり親 / 母子世帯 / シングルマザー / 地方移住支援 / シェア居住 / 地方創生 / まちづくり / 就労支援 / 人口減少 / 住宅 / 就労 / 介護人材 / 空家)
全件表示(21件)
■ 講師・講演
1. 2020/11/29 母子世帯の居住貧困(オンライン講演会)
2. 2020/11/21 居住貧困 ひとり親家庭の調査について
3. 2020/10/03 何が足りない?シングルマザー支援 コロナ禍での生活アンケート結果と住居支援の現場から
4. 2020/07/28 アフターコロナにおけるひとり親の住まい支援に求められる視点(韓国江原道女性家族研究機構 大会議室) Link
5. 2020/07/21 平時におけるひとり親の居住貧困へのコロナ禍の影響(衆議院第2議員会館 地下1階 第5会議室(東京都千代田区永田町2-1-2)) Link
全件表示(48件)
■ 社会における活動
1. 2020/07 インタビュー記事 シングルマザーの住環境 コロナ禍で生活不安が深刻化 Link
2. 2020/06 インタビュー記事 【後編】コロナ離婚急増!?新たな住宅の在り方と、母子家庭に必要な支援について考える。 Link
3. 2020/06 インタビュー記事 【前編】コロナ離婚急増!?シングルマザーの行き先は?人気の母子シェアハウスとは? Link
4. 2020/06 インタビュー記事 住宅を失わないための支援を~コロナ禍でシングルマザーの住まいはどうなるか~ Link
5. 2020/05 静岡新聞 〔NEXT特捜隊〕 コロナ禍の母子家庭「家賃払えぬ」悲鳴 住宅確保給付金は Link
全件表示(40件)
■ 委員会・協会等
1. 2020/08/01~2021/03/19 国土交通省住宅局委託事業「居住支援活動等の普及・促進に関する調査・検討業務」 アドバイザー
2. 2019/09/01~2020/03/19 国土交通省住宅局委託事業 「シングルマザー向けシェアハウス基準調査・検討業務」 アドバイザー
3. 2019/04/01~2020/03/31 厚生労働省社会福祉推進事業作業部会 研究員
4. 2019/04/01~ 国土交通省補助事業平成31年度「人生100年時代を支える住まい環境整備モデル事業」評価委員会 専門委員
5. 2017/04/01~2018/03/31 平成29年度国土交通省 スマートウェルネス住宅等推進モデル事業評価委員会 専門委員
全件表示(7件)
■ 資格・免許
1. 2013/10/01 専門社会調査士(第002015号)
■ 教育、研究、社会貢献活動の方針
1. 教育の方針:社会課題をよりリアルに感じ取ってもらうための授業計画を心がけ、埋没しがちな社会課題を可視化し、地域デザインという手法を用いて解決提案できる人材の育成を目指します。
2. 研究活動の方針:家族の変化に伴い噴出する住宅問題の諸相を可視化するとともに、公的住宅政策再編の提案と民間との連携による空き家活用の実践モデルの構築をテーマにしています。
3. 社会貢献活動の方針:企業との協働によるシングルマザー向けシェアハウスのプロデュースや不動産業界と国やNPO等の関連組織をつなぐネットワークの構築など、研究蓄積をカタチにし実社会へとフィードバックすることを心がけています。
■ ホームページ
   https://kuzunishilisakenkyu.wordpress.com/
■ メールアドレス
  kyoin_mail