(最終更新日:2023-11-22 21:37:12)
  ミヤガワ ユウキ
  宮川 裕基
   所属   追手門学院大学  心理学部 心理学科
   追手門学院大学  大学院 心理学研究科
   職種   講師
■ 一般向け情報
研究ジャンル : 社会心理
研究のキーワード : セルフコンパッション、レジリエンス、自尊心、思いやり
研究に関するコメント : 苦しい時の自分との向き合い方について研究しています。特に、自分を思いやること(セルフコンパッション)で、困難を乗り越えようとできるのかについて社会心理学的アプローチにより研究しています。
■ 学歴
1. 2007/04~2012/03 大阪教育大学 教育学部 卒業 学士(教育学)
2. 2012/04~2014/03 帝塚山大学 心理科学研究科 心理科学専攻 修士課程修了 修士(心理学)
3. 2014/04~2017/03 帝塚山大学 心理科学研究科 心理科学専攻 博士課程修了 博士(心理学) Link
■ 職歴
1. 2020/04~ 追手門学院大学 心理学部 心理学科 講師
2. 2019/04~2020/03 追手門学院大学 心理学部 心理学科 特任助教
3. 2017/04~2019/03 帝塚山大学 大学院 心理科学研究科 研究員
4. 2016/04~ 三重県スクールカウンセラー
5. 2017/07~ 三重県教育委員会リワーク支援専門員
6. 2018/04~2019/03 奈良県スクールカウンセラー
■ 著書・論文歴
1. 論文  A compassionate and worthy self: latent profiles of self-compassion and self-esteem in relation to intrapersonal and interpersonal functioning (共著・編著(代表編著を除く)) 2023/11/22 Link
2. 論文  Self-compassion promotes self-concept clarity and self-change in response to negative events (単著) 2023/09 Link
3. 論文  How self-compassion operates within individuals: An examination of latent profiles of state self-compassion in the U.S. and Japan (共著・編著(代表編著を除く)) 2023/05 Link
4. 論文  Self-compassion manipulation regulates affect and aggressive inclinations in the context of social rejection (単著) 2023/02 Link
5. 論文  Insecure Attachment and Psychological Intimate Partner Violence Perpetration: Low Self-compassion and Compassionate Goals as Mediators (共著・編著(代表編著を除く)) 2022/09 Link
6. 論文  Collaboration among psychological researchers, the government, and non-profit organizations for “Konkatsu” (marriage hunting) in Japan (共著・編著(代表編著を除く)) 2022/09 Link
7. 論文  The longitudinal associations between personality traits and psychological intimate partner violence (共著・編著(代表編著を除く)) 2022/07/06 Link
8. 論文  Do the Dark Triad and psychological intimate partner violence mutually reinforce each other? An examination from a four-wave longitudinal study (共著・編著(代表編著を除く)) 2022/05/18 Link
9. 論文  Development of the Japanese version of the State Self-Compassion Scale (SSCS-J) (共著・編著(代表編著を除く)) 2022/01/14 Link
10. 論文  Sticking fewer (or more) pins into a doll? The role of self-compassion in the relations between interpersonal goals and aggression (共著・編著(代表編著を除く)) 2022 Link
11. 論文  Compassionate goals and responses to social rejection: A mediating role of self-compassion. (共著・編著(代表編著を除く)) 2021 Link
12. 著書  パーソナリティと個人差の心理学・再入門―ブレークスルーを生んだ14の研究― (共著・編著(代表編著を除く)) 2021/04
13. 論文  Left out but “in control”? Culture variations in feelings of control when excluded by a close-other (共著・編著(代表編著を除く)) 2022 Link
14. 論文  Self-compassion helps people forgive transgressors: Cognitive pathways of interpersonal transgression (共著・編著(代表編著を除く)) 2020/12 Link
15. 論文  Self-compassion and time perception of past negative events (共著・編著(代表編著を除く)) 2019/12 Link
16. 論文  When life gives you lemons, make lemonade: Self-compassion increases adaptive beliefs about failure (共著・編著(代表編著を除く)) 2019/08 Link
17. 論文  The influence of self-compassion on cognitive appraisals and coping with stressful events (共著・編著(代表編著を除く)) 2018/11 Link
18. 論文  Can self-compassion help people regulate unattained goals and emotional reactions toward setbacks? (共著・編著(代表編著を除く)) 2018/06 Link
19. 論文  セルフコンパッションが就職活動における不採用への対処に及ぼす影響の検討 (共著・編著(代表編著を除く)) 2018/03 Link
20. 論文  セルフコンパッションが友人関係における援助要請に及ぼす影響の検討 (共著・編著(代表編著を除く)) 2017/11 Link
21. 論文  困難に対処する心理的資源としてのセルフコンパッションに関する研究 (単著) 2017/03 Link
22. 論文  日本語版セルフコンパッション反応尺度 (SCRI-J) の作成 (共著・編著(代表編著を除く)) 2016/04 Link
23. 論文  セルフコンパッション研究のこれまでの知見と今後の課題―困難な事態における苦痛の緩和と自己向上志向性に注目して― (共著・編著(代表編著を除く)) 2016/03 Link
24. 論文  自分への思いやり尺度日本語版 (SCS-J) の作成 (共著・編著(代表編著を除く)) 2015/03 Link
■ 現在の専門分野
社会心理学, 臨床心理学 
■ 所属学会
1. 2014/04~ 日本心理学会
2. 2012/04~ 日本社会心理学会
3. 2020~ 日本グループ・ダイナミックス学会
4. 2014/01~ Society for Personality and Social Psychology
5. 2014/04~ 日本心理臨床学会
6. 2012/04~2022/03 日本応用心理学会
7. 2019/01~2020/01 Asian Association of Social Psychology
■ 学会発表
1. 2023/09 対人目標と夫婦関係における 真正・非真正の自己表現との関連性(日本グループ・ダイナミックス学会第69回大会)
2. 2023/09 日本語版真正・非真正自己表現尺度(AIES-J)の開発(日本グループ・ダイナミックス学会第69回大会)
3. 2022/09 状態セルフ・コンパッション尺度に関する潜在プロフィール分析(日本社会心理学会第63回大会)
4. 2022/09 状態セルフ・コンパッション尺度の測定不変性の検討―Miyagawa et al. (2022)及びNeff et al. (2021)の二次分析―(日本心理学会第86回大会)
5. 2023/09 セルフ・コンパッションと自尊心の潜在プロフィール: ネガティブな出来事への反応との関連から(日本心理学会第87回大会)
6. 2022/09 セルフコンパッションによる社会的排斥の悪影響の緩和: セルフコンパッション状態誘導法を用いた検討(日本社会心理学会第64回大会)
7. 2023/09 パーソナリティ特性ならびにパートナーへの心理的な暴力が関係破綻後の反応やストーキング加害を増大させるプロセスについての検討(日本心理学会第87回大会)
8. 2023/02 Self-compassionate mindstateinduction helps regulate affect and aggressive inclinations(Society for Personality and Social Psychology annual convention 2023)
9. 2023/09 リーダー評価が上司からのサポート期待と心理的安全性に与える影響(日本社会心理学会第64回大会)
10. 2022/09 不安定なアタッチメントと親密なパートナーへの心理的暴力―セルフ・コンパッションと思いやり目標を媒介要因として―(日本心理学会第86回大会)
11. 2022/09 セルフコンパッション状態誘導法による排斥経験時の報復意図の低下(日本グループ・ダイナックス学会第68回大会)
12. 2022/09 Dark Triadと心理的IPVは相互に強化し合うのか?4波の縦断調査からの検討(日本社会心理学会第63回大会)
13. 2022/09 オンライン・スピードデーティングに関する検討 (1)―学生を対象とした試行実施の結果(日本社会心理学会第63回大会)
14. 2022/09 リーダーと自分、および同僚との関係の差が公正感とリーダー評価に与える影響(日本社会心理学会第63回大会)
15. 2022/09 オンライン・スピードデーティングに関する検討 (2)―自己呈示の様態についての検討(日本社会心理学会第63回大会)
16. 2022/02 Self-image and compassionate goals and aggressive behavior: The mediating roles of nonzero-sum beliefs and self-compassion(Society for Personality and Social Psychology)
17. 2021/09 日本語版状態セルフコンパッション尺度 (SSCS-J) 作成の試み―因子構造の検討―(日本心理学会第85回大会)
18. 2021/08 自他への思いやりの高い人は人形に刺す針の数が少ない―対人目標, セルフコンパッション, 攻撃性の関連―(日本社会心理学会第62回大会)
19. 2021/09 スピードデーティングにおける「自発的接近行動」とマッチングしたペアの特徴に関する報告(日本グループ・ダイナミックス学会第67回大会)
20. 2021/02 Compassionate goals and responses to social rejection: Self-compassion as a mediator.(Proceedings of The 22nd annual meeting of the Society for Personality and Social Psychology)
21. 2020/09 自分を思いやる人ほど他者を許せるのか―反芻と主観的時間距離による媒介過程―(日本心理学会第84回大会)
22. 2020/11 自他への思いやりと対人適応感の関連性の検討(日本社会心理学会第61回大会)
23. 2021/09 特性セルフコンパッション尺度(SCS-J)の因子構造の再検討(日本グループ・ダイナミックス学会第67回大会)
24. 2020/11 恋愛へのネガティブな態度が「出会い」場面での異性との関わりに 与える影響(日本社会心理学会第61回大会)
25. 2020/09 Speed Datingを用いた「出会い」研究の展開(日本心理学会第84回大会)
26. 2020/02 Self-compassion and time perception of past negative events(the 21st annual convention of the Society for Personality and Social Psychology)
27. 2019/11 自分を思いやることは自分に甘いことを意味するのか―セルフコンパッションと自分に甘いことの類似点及び相違点の検討―(日本社会心理学会第60回大会)
28. 2019/11 低自己評価者はなぜ効果的な自己呈示を行えないのか?―2 つの自己評価目標の葛藤による自己制御資源の消費-(日本社会心理学会第60回大会)
29. 2019/09 困難に対処する心理的資源としてのセルフコンパッションの可能性(日本心理学会第83回大会)
30. 2019/09 「自分を思いやる」文章の特徴の検討-セルフコンパッションの筆記法における自由記述への軽量テキスト分析-(日本心理学会第83回大会)
31. 2019/08 セルフコンパッションの高い人ほど就職活動の不採用に挫けないのか―2017年度及び2018年度就職活動生を対象とした前向き研究―(日本応用心理学会第回86大会)
32. 2019/07 “When you feel inadequate, write about self-kind messages”: Testing writing methodologies of enhancing self-compassion among Japanese.(The 13th Biennial Asian Association of Social Psychology)
33. 2018/08 セルフコンパッショと目標の挫折経験へ対処の関連性(日本社会心理学会第59回大会)
34. 2018/03 How do self-compassionate people (vs people with high self-esteem) perceive failure?(The 19th annual meeting of Society for Personality and Social Psychology)
35. 2017/10 セルフコンパッションの高い人に対する印象評価の検討―特性セルフコンパッションとネガティブ信念に着目して―(日本社会心理学会第58回大会)
36. 2017/09 セルフコンパッションと親密性に基づく選択的な関係維持―対人ストレス場面に着目して―(日本心理学会第81回大会)
37. 2017/01 Does self-compassion promote personal improvement from regret experiences in Japan, where self-criticism is encouraged?(The 18th annual meeting of Society for Personality and Social Psycholog)
38. 2016/11 重要他者への過剰適応に対する過剰適応信念の調整効果について(関西心理学会第128回大会)
39. 2016/10 就職活動を支える心理的資源の検討―セルフコンパッションに着目して―(日本教育心理学会第58回総会)
40. 2016/09 就職活動における不採用経験への対処に及ぼすセルフコンパッションの影響の検討(日本社会心理学会第57回大会)
41. 2016/07 Investigating the effects of self-compassion and self-esteem on coping strategies and stress-related growth(The 31st annual meeting of International Congress of Psychology)
42. 2016/06 混合感情の文化比較―認知的評価理論の観点から―(日本感情心理学会第82回大会)
43. 2016/01 Investigating the effect of self-compassion on help-seeking behavior(The 17th annual meeting of Society for Personality and Social Psychology)
44. 2015/09 セルフコンパッションと自我同一性の関連性の検討(日本心理学会第79回大会)
45. 2015/09 セルフコンパッションと援助要請行動との関連性の検討(日本心理臨床学会第34回秋季大会)
46. 2015/02 Coping strategies and stress-related growth as predictors of self-compassion(The 16th annual meeting of Society for Personality and Social Psychology)
47. 2014/08 日本語版Self-Compassionate Reactions Inventory (SCRI-J) の作成(日本応用心理学会第81回大会)
48. 2014/07 自分を思いやる人は自分に甘いのか?(日本社会心理学会第55回大会)
49. 2013/11 自分への思いやり尺度日本語版の作成(日本社会心理学会第54回大会)
■ 受賞学術賞
1. 2021/10 The International Society for Self & Identity The International Society for Self & Identity (ISSI) 2021 Mini Research Grant Program (The effect of self-compassion on aggressive inclinations toward rejecters.)
2. 2021/02 Society for Personality and Social Psychology International Registration Award
3. 2019/06 日本社会心理学会 日本社会心理学会大学院生・若手研究者海外学会発表支援制度 採択
4. 2018/08 日本応用心理学会 日本応用心理学会学会賞(論文賞)
5. 2017/03 日本応用心理学会 日本応用心理学会若手会員研究奨励賞
6. 2016/08 日本社会心理学会 日本社会心理学会大学院生・若手研究者海外学会発表支援制度 採択
7. 2015/02 Society for Personality and Social Psychology Society for Personality and Social Psychology Diversity Fund Travel Award
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2023/04~2028/03  集合的効力感がDV抑制機能を果たす条件の解明:社会生態的な予防介入に向けて 日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(B) 
2. 2021/04~2025/03  親密関係の開始から深化にいたる継続基盤の転換プロセス:幻想主義から現実主義へ 日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(C) 
3. 2020/04~2024/03  セルフコンパッションが社会的排斥過程に及ぼす影響の検討 若手研究 
■ 社会における活動
1. 2020/09 Speed Datingを用いた「出会い」研究の展開
■ 資格・免許
1. 2012/03/31 高等学校教諭1種免許状 (英語) (平23高1第2812号)
2. 2012/03/31 中学校教諭1種免許状 (英語) (平23中1第2083号)
3. 2015/04/01 臨床心理士 (登録番号29959)
4. 2019/02/05 公認心理師 (第987号)