(最終更新日:2021-12-12 23:33:34)
  ヨコタ オサム
  横田 修
   所属   追手門学院大学  社会学部 社会学科
   職種   准教授
■ 一般向け情報
研究ジャンル : 現代アート
研究のキーワード : 演劇 劇作 演出 舞台美術 劇場経営 ワークショップ アウトリーチ活動 表現コミュニケーション
研究に関するコメント : 社会における芸術の役割とは何か。その現実と未来の姿に興味を持ちながら実施とフィールドワークを中心に研究しています。
■ 学歴
1. 1989/04~1992/03 筑波大学 第一学群 数学科 卒業 理学士
■ 職歴
1. 1993/04~2002/03 こまばアゴラ劇場 スタッフ
2. 2001/09~2005/03 桜美林大学 文学部総合文化学科 非常勤講師
3. 2005/04~2007/03 桜美林大学 総合文化学群演劇専修 非常勤講師
4. 2007/04~2014/03 桜美林大学 芸術文化学群演劇専修 助手
5. 2009/04~2010/03 神奈川県立相武台高等学校 非常勤講師
全件表示(8件)
■ 著書・論文歴
1. 論文  『誰かの町』 (単著) 2021/03/24 Link
2. 論文  落語のような『谷繁』 (単著) 2020/03/30 Link
3. 論文  戯曲「三人の姉妹たち」 (単著) 2019/02 Link
4. 論文  IKサロン主催・日韓ディレクターズMT2018
「俳優の身体」
ディスカッションペーパー (共著・編著(代表編著を除く)) 2018/04
Link
5. 論文  「落語鑑賞会」桂團治郎氏・桂米紫氏・桂南天氏の落語を聞いて (単著) 2018/03 Link
全件表示(13件)
■ 現在の専門分野
芸術一般 (キーワード:演劇、劇作、演出、舞台美術、劇場経営、ワークショップ、アウトリーチ活動、表現コミュニケーション) 
■ 所属学会
1. 2018/06~2020/03 日本消費者教育学会 Link
2. 2017/07~ 日本笑い学会 Link
■ 学会発表
1. 2018/10/14 「広域大学連携による消費者市民教育の担い手育成に関する実践的カリキュラムの構築」 消費者教育学生リーダー会の実践活動報告(日本消費者教育学会 第38回全国大会) Link
2. 2018/06/16 「広域大学連携による消費者市民教育の担い手育成に関する実践的カリキュラムの構築」 消費者教育学生リーダー会の実践活動報告(日本消費者教育学会関西支部 平成30年度研究・実践発表会)
3. 2018/03/21 俳優の身体について(日韓ディレクターズMT2018) Link
4. 2016/08/03 自ら考えるアタマを育む 演劇による大学教育の在り方、私案〜高大連携・一貫連携の可能性〜(玉川学園 追手門学院 共同研修会)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2001/09~2007/03 キャンパスのフィールドワーク
2. 2001/09~2007/03 作って使う。直して使う。
3. 2001/09~2007/03 名前と形容詞をゴチャマゼに!
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 1993/04/01~2001/08/31 こまばアゴラ劇場における実務体験 Link
●教育に関する発表
1. 2021/11/09 STEPラジオドラマ『鼻曲がりと言われた少年』 Link
全件表示(24件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2021/10~2021/10  タテヨコ企画第40回公演『RAFTでDADADA』   Link
2. 2021/03~2021/03  タテヨコ企画第40回公演『誰かの町(仮)』  (キーワード:演劇、ソーントン・ワイルダー、わが町) Link
3. 2020/03~2020/03  タテヨコ企画第38回公演『誰が為にカネは成る(仮)』  (キーワード:演劇、豊田商事事件) Link
4. 2019/08~2019/10  タテヨコ企画第37回公演『谷繁』  (キーワード:演劇、不条理、落語) Link
5. 2019/03~2019/03  タテヨコ企画第36回公演「三人の姉妹たち」  (キーワード:演劇、アントン・チェーホフ、三人姉妹) Link
全件表示(12件)
■ 講師・講演
1. 2019/11/23 演劇と社会(桐朋学園芸術短期大学(東京都調布市仙川))
2. 2017/03/27 私にとっての演劇とは 〜空間というワードを入り口にした〜(IKサロン表現者工房(大阪府寺田町)) Link
3. 2013/05/22 演劇の基礎(神奈川県立藤沢総合高等学校(神奈川県藤沢市))
■ 社会における活動
1. 2021/11~ STEPラジオドラマ『鼻曲がりと言われた少年』 Link
2. 2021/10~2021/10 タテヨコ企画第40回公演『RAFTでDADADA』 Link
3. 2021/03~2021/03 タテヨコ企画 第39回公演『誰かの町』 Link
4. 2020/11~2020/11 ハンセン病 劇で考えて 愛生園も訪問 追手門学院大生 差別や偏見 「コロナも似た構造」 Link
5. 2020/11~2020/11 ハンセン病問題テーマに学生による演劇上演
全件表示(29件)
■ 展覧会・演奏会・競技会等
1. 2021/11/09~ STEPラジオドラマ『鼻曲がりと言われた少年』(みしま・ピクシーダスト[総持寺局]) Link
2. 2021/10/22~2021/10/31 タテヨコ企画第40回公演『RAFTでDADADA』(東京・RAFT) Link
3. 2021/03/24~2021/03/28 タテヨコ企画第39回公演『誰かの町』(小劇場B1(東京都世田谷区)) Link
4. 2020/11/12~2020/11/14 STEP第8回公演『あいまい宝島』(追手門学院大学学生会館展示室) Link
5. 2020/03/04~2020/03/08 タテヨコ企画第38回公演『亡者の時代』(小劇場B1(東京都世田谷区)) Link
全件表示(37件)
■ 学内職務
1. 2016/02~2016/08 玉川学園との合同研修における「表現コミュニケーション」に関連する発表と内容と教員の取りまとめ
2. 2016/04~ 社会学部入試広報委員
3. 2016/04~2017/03 入学式、卒業式
4. 2016/05~2016/05 玉川学園との合同研修発表に向けた、玉川学園の施設見学
5. 2016/05~2016/05 大学50周年記念式典
全件表示(41件)
■ 教育、研究、社会貢献活動の方針
1. 【教育活動の方針】 予測困難な現代社会の中を生きていくために、学生には、あらゆる事象に興味を向け、予断を許さず、自ら考え、時には体を動かし、自身が納得できる解答を獲得する行動ができるようになってほしい。答えをそのまま教えるのではなく、様々な課題と向き合うための、具体的な活動を促すことを大切にしている。
2. 【研究活動の方針】 私の研究は、芸術(特に演劇)が社会の中で担う役割を調査し、その有効性を明らかにすることである。机上の空論ではなく、できる限り具体的に、現実社会において実践されている事例を探求するために、具体的な活動の機能や構造の分析、参加者へのインタビュー等を、実際に参画し共に行動する中で丁寧に行うことを大切にしている。
3. 【社会貢献活動の方針】 基本的な方針は、上質な芸術作品(演劇)の創出であり、観劇や市民参加劇へ参画する等の具体的な文化体験を幅広い層へ提供することである。そのような活動を通して、より良い方向への社会の発展・普及に貢献することを目指している。特に、継続的な文化活動の未来とその可能性を探求することを大切にしている。
■ メールアドレス
  kyoin_mail