(最終更新日:2021-12-12 18:15:03)
  ヤマグチ コウイチ
  山口 公一
   所属   追手門学院大学  経済学部 経済学科
   職種   教授
■ 一般向け情報
研究ジャンル : 朝鮮半島
研究のキーワード : 日韓関係 歴史 日韓相互認識
研究に関するコメント : 「帝国」日本の朝鮮における神社政策を中心とした歴史研究や日韓相互認識の過去と現状について研究しています。
■ 学歴
1. 1990/04~1994/03 東京学芸大学 教育学部 中等教員養成課程社会科専攻史学専修 卒業 学士(教育学)
2. 1994/04~1996/03 東京学芸大学大学院 教育学研究科 社会科教育専攻(歴史学講座) 修士課程修了 修士(教育学)
3. 1996/04~1996/06 延世韓国語学院2級 2級 卒業
4. 1996/06~1996/09 高麗大学校民族文化研究所附設韓国語学堂2級 卒業
5. 1996/09~1997/06 延世大学校附設韓国語学堂3~5級 卒業
全件表示(6件)
■ 職歴
1. 2006/04~2008/03 一橋大学大学院 社会学研究科 特任講師
2. 2008/04~2012/03 追手門学院大学 経営学部 マーケティング学科 准教授
3. 2011/04~2012/03 追手門学院大学大学院 経営学研究科 准教授
4. 2012/04~2017/03 追手門学院大学 国際教養学部 アジア学科 准教授
5. 2017/04~2019/03 追手門学院大学 経済学部 経済学科 准教授
全件表示(6件)
■ 著書・論文歴
1. 論文  <博士論文>植民地期朝鮮における神社政策と朝鮮社会 (単著) 2006/03
2. 著書  歴史教育研究会(日本)・歴史教科書研究会(韓国)編 [日韓歴史共通教材]日韓交流の歴史 -先史から現代まで- (共著・編著(代表編著を除く)) 2007/03
3. 著書  역사교과서연구회(한국) 역사교육연구회(일본) 편<<[한일역사공통교재] 한일 교류의 역사-선사부터 현대까지->> (共著・編著(代表編著を除く)) 2007/03
4. 著書  歴史教育研究会編[日韓歴史共通教材]調べ・考え・歩く日韓交流の歴史 (共著・編著(代表編著を除く)) 2020/02
5. 論文  「造言飛語」にみる戦時末期の朝鮮民衆と社会 (単著) 2010/05
全件表示(54件)
■ 現在の専門分野
韓国・朝鮮史, 近代日韓関係史・日本史, 地域研究(韓国・朝鮮) (キーワード:Japanese History,Korean History) 
■ 所属学会
1. 2008~ 大阪歴史科学協議会
2. 2007~ 同時代史学会
3. 2007~ 日本植民地研究会
4. 2006~ 歴史学研究会
5. 1998~ 朝鮮史研究会
全件表示(10件)
■ 学会発表
1. 2021/06/26 <書評>岡崎まゆみ『植民地朝鮮の裁判所』(晃洋書房、2020年)(朝鮮史研究会関西部会6月例会)
2. 2020/08/30 エゴ・ドキュメント研究の方法と動向について(戦後史料研究会)
3. 2019/09/14 【Pnale】State Shinto in Korea: Discourse, Identity, Practice, and Landscape(The 3re EATS(The Europian Assoiation for Japanese Studies) Conference in Japan)
4. 2019/04/21 植民地朝鮮における神社と「帝国意識」-在朝日本人と神社-(東京歴史科学研究会第53回大会委員会企画)
5. 2019/01/05 「帝国」日本はなぜ朝鮮に神社を建てたのか?[七訂版](日韓国際シンポジウム)
全件表示(17件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2019/04~  「日韓相互認識」の新展開 基盤研究(A) 
2. 2018/04~  新時代に対応した戦後史学習のプログラム開発-世代間断絶と東アジアの視座から- 基盤研究(C) 
3. 2016/04~2020/03  自国史を越えた歴史認識の共有をめざす日韓共通歴史教材の発展的研究 基盤研究(B) 
4. 2015/04~2019/03  植民地期朝鮮における「帝国秩序」形成に関する研究 基盤研究(C) 
5. 2014/04~2019/03  「日韓相互認識」研究の深化・発展のために―東アジア情勢のなかで― 基盤研究(A) 
全件表示(10件)
■ 社会における活動
1. 2017/06 追手門学院大学オーストラリア・アジア研究所主催公開講座 講師
2. 2013/06 追手門学院大学社会人教室「おうてもん塾」講師
3. 2012/07 追手門学院大学社会人講座「おうてもん塾」講師
4. 2011/05 追手門学院大学社会人講座「おうてもん塾」 講師
5. 2011/04 追手門学院大学公開講座 講師
全件表示(8件)
■ 学内職務
1. 2008/04~2012/03 国際交流教育センター委員
2. 2012/04~2015/03 学生部委員
3. 2014/04~2015/03 国際教養学部紀要編集委員
4. 2015/04~2016/03 追手門学院省エネルギー委員
5. 2016/04~2017/03 教務担当[国際教養学部]
全件表示(9件)
■ 教育、研究、社会貢献活動の方針
1. (1)教育活動の方針 大学生の教養を自ら身につけていける授業環境の整備とそうした教養を基に学生自ら行動できる「学び」を支援したい。
2. (2)研究活動の方針 最近の人文社会科学は、学際的で多様な方法からの分析を通じて、現代の文化や社会の諸課題に向き合い、思考することが求められています。歴史学研究や社会学研究もまた例外ではなく、さまざまな隣接諸科学の成果に学びながら、グローバル化された現代社会の形成に至る歴史のなかで人間がどのように生きてきたのか、文化や社会の形成において、人間が、現在に至るまでどのような課題に向き合ってきたのかを多面的に追究し、新たな視角を得ようとする幅広い文脈で捉え返しがなされています。そうした広い歴史的かつ国際的な視野から方法論を追究し、学生との「対話」のなかでともに、歴史と現代の緊張関係のなかで社会をみる眼を鍛え、新たな日本と韓国・朝鮮の歴史像・社会像の把握に勉めていきたいと考えています。
3. (3)社会貢献活動の方針 研究活動・教育活動がそれぞれ社会に資する成果を挙げるよう努める。
■ メールアドレス
  kyoin_mail