(最終更新日:2020-11-23 15:51:57)
  デシルバ ラリスシヤーナカ   DE SILVA LALITH SHANAKA
  L.S.DE SILVA
   所属   追手門学院大学  経営学部 経営学科
   追手門学院大学  大学院 経営・経済研究科
   職種   教授
■ 一般向け情報
研究ジャンル : 経営
研究のキーワード : 国際経営 多国籍企業 BRICs企業経営 オーストラリア企業経営
研究に関するコメント : 現在行っている研究はオーストラリア・自由貿易に関するものです。 BRICs関係の研究は、インドと南アジアの自由貿易と経済連携の現状と課題を中心に行っています。
■ 学歴
1. 1984/04~1986/03 神戸商科大学大学院 経営学研究科 修士課程修了 経営学修士
2. 1986/04~1990/03 神戸商科大学大学院 経営学研究科 博士課程修了 経営学博士
■ 職歴
1. 1982/09 コロンボ大学 経営学部 上級講師
2. 1992/01 コロンボ大学 日本研究科 運営責任者
3. 1992/08 コロンボ大学 経営学部 部長
4. 1993~1998 SRI LANKA INSTITUTE OF MANAGEMENT 国際経営学教授
5. 1994/08~1995/07 アジア経済研究所 客員教授
全件表示(17件)
■ 著書・論文歴
1. 著書  Strategic Management Research: Selected Papers (単著) 1997/09
2. 著書  スリランカにおける民営化問題に関する研究と日本の民営化政策を徹底分析 Privatization Issues in Sri Lanka: Lessons from
Japanese Experience
 (単著) 1996/07
3. 著書  インド、バングラデシュおよびスリランカにおけるNGO(非政府組織)の役割 The Role of NGOs In India, Bangladesh And Sri Lanka (単著) 1996/04
4. 論文  Current Status and Major Issues of Foreign Direct Investment and Multinational Companies in Sri Lanka
Ready for present at the Academic Conference and Publication in 2021
Colombo University Sri Lanka (単著) 2020
5. 論文  Free Trade Policy in New Zealand: Problems and Remedies
Ready to publish and presentation at the academic conference
Massey University New Zealand in 2021 (単著) 2020
全件表示(67件)
■ 現在の専門分野
多国籍企業論、国際経営・東南アジア経営, 南アジア企業経営、自由貿易, 企業のグローバル化, オーストラリア研究, BRICs 研究 (キーワード:Management, International Management) 
■ 所属学会
1. 2018/06~ Sri Lanka International Management Association
2. 2018/06~ ∟ Founder and Life Member
3. 2018/05~ Sri Lanka Business Consultants' Association
4. 2018/05~ ∟ Life Member
5. 2018/01~ Sri Lanka Association of Small Busiess Entrepreneurship and Business Development
全件表示(26件)
■ 学会発表
1. 2020/08/08 Localization of Foreign Subsidiaries in Australia (ONLINE PRESENTATION)(Online Conference, The Economic Association of the London University)
2. 2020/05/05 FDI in Sri Lanka, Current Status and Future Prospects (ONLINE PRESENTATION)(Online International Business Strategy Conference, National University of Singapore))
3. 2019/02/17 Regional Economic Integration and Trade Agreements in SAARC Member Countries(Bangalore University, Bangalore Society of International Trade and Business, India)
4. 2019/02/07 BRICs in the Global Context and the Role of International Relations(Indian Institute of Management (IIM) Bangalore and All India Management Society Banglore India)
5. 2018/11/17 Working Group Meeting Presentation on Chinese Development Assistance in Sri Lanka(4th Tokyo Forum on Development Aid in Sri Lanka)
全件表示(25件)
■ 受賞学術賞
1. 2019/02 Bangalore University Presentation Award Bangalore University Association of Regional Economic Studies and Business (Academic Symposium Award 2017)
2. 2018/09 University of Melbourne Australia Seminar and Group Study Presentation Award, Adelaide University Australia, 2018
3. 2017/08 London University Academic Excellence, the London University, 2017 (Trade relations between the UK and Japan)
4. 2017/02 ANZIBA International Conference February 2017 Certificate of Appreciation for Outstanding Performance in ANZIBA International Conference
5. 2016/08 Bangalore University India Cnference Award Certificate of Appreciation Presentation 2016 Bangalore University India
全件表示(13件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2019/04/01~2020/03/31 パワーポイント形式で作成したインド企業経営に関する教材の配布 BRICs企業論
2. 2019/04/01~2020/03/31 授業日の一週間前からWeb Classでのパワーポイント教材の公開・配布 (BRICs企業論)
3. 2018/04/01~2020/03/31 授業日の一週間前からWeb Class でのパワーポイント教材の公開・配布 (多国籍企業論)
4. 2014/04/01~2020/03/31 学生に授業終了15分前から質問時間を与えています。
5. 2017/04/01~2019/03/31 演習ではグループデスカションとグループ発表を取り入れています。
●作成した教科書、教材
●当該教員の教育上の能力に関する大学等の評価
●教育に関する発表
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(65件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2020/04~2021/03  ONLINE RESEARCH ON Current Status and Major Issues of Foreign-Owned Companies in Sri Lanka  
2. 2020/04~2022/03  ONLINE RESEARCH ON Foreign Direct Investment (FDI) in Sri Lanka  
3. 2018/04~2019/03  【教員評価】科研費の申請2018年度 オーストラリアにおける多国籍企業の現地化の現状と課題関する調査研究 経営学 
4. 2017/04~2018/04  【教員評価】科研費の申請2017 年度 Localization of Foreign Subsidiaries in Australiao オーストラリア進出多国籍企業のローカライゼーション戦略に関する調査研究 
5. 2016/04~2017/03  Opportunities and Challenge of Australia's Free Trade with China, Japan and Korea Basic Research (C) 
全件表示(12件)
■ 講師・講演
1. 2013/08/11 The strategy of Japanese multinationals in Oceania(Melbourne)
■ 社会における活動
1. 2020/05 Lecture conducted via SKYPE for the undergraduate students in the Faculty of Business, University of Colombo, Sri Lanka
2. 2020/04 Lecture conducted via SKYPE for the undergraduate students in the Faculty of Business, University of Colombo, Sri Lanka
3. 2019/01 Lecture conducted via SKYPE for the undergraduate students in the Faculty of Business, University of Colombo, Sri Lanka
4. 2018/11 Participated for a seminar and MBA workshop via Skype organized by the Faculty of Business, University of Colomb, Sri Lanka
5. 2018/09 Invited Speaker, Faculty of Business, Adelaide University
全件表示(23件)
■ 展覧会・演奏会・競技会等
1. 2018/09/06 Austrade Business Forum, Victoria, 2018(Victoria Australia)
2. 2016/08/02 Growth Potential for Indian Retail Industry(Madras India)
3. 2016/08 International Forum of Regional Trade Integration, Bangalore India(BANGALOR INDIA)
4. 2014/08/08~2014/08/10 Melbourne University Presentation(Melboune University Australia)
5. 2013/12/27 South Asian Asociation for Regional Cooperation (SAARC) and its impact on Global Trade(Colombo University Sri Lanka)
全件表示(6件)
■ 学内役職・委員
1. 2000/04/01~ 追手門学院大学大学院 経営学研究科
2. 2004/04/01~2006/03/31 追手門学院大学 マーケティング学科長
■ 学内職務
1. 2010/04~2014/03 追手門論集編集員
2. 2013/04~2015/03 全ての卒業式の行事に参加しました
3. 2014/04~2017/03 2017年3月まですべての入学式、卒業式、その他の全てのワークショップや説明会に出席
4. 2015/03~2017/03 2017年3月まですべての卒業式に出席しました。
5. 2016/04~2017/03 2016年度に行ったFD研修会に出席した。
全件表示(23件)
■ 学生支援
1. 2014/04~2019/03 私が指導している修士課程の留学生に論文作成するために必要な統計学と経済統計学入門について 時間割外に週5~6時間ボランティアで教えています。
2. 2014/04~2019/03 日本国内にある外資系企業からメールで送られてくる就職情報が就活する学部・大学院生に教えています。昨年度は6社から就職情報が届きました。
3. 2015/04~2018/03 2015年度進学・就職指導を行った。
4. 2015/04~2018/03 グローバル人材を育てる目的で私が担当する演習の学生に英語教育と海外留学の 重要性を教えています。また、海外留学を希望する学生を対象に個別指導と外国大学紹介する 活動を行っています。
5. 2015/04~2018/03 海外留学を志望する演習の学生に短期留学のため受け入れ先大学とホームステイ先を紹介しています。
全件表示(26件)
■ 教育、研究、社会貢献活動の方針
1. 教育活動の方針:学生(学部と大学院生)にもっぱら理論だけ教えるではなく、具体例、ケーススタディも取り入れてデーターに基づいて生きた経営学を教えている。また、学生に企業では実際に行われている事業活動や経営意思決定等を勉強してもらうため、授業に平行して企業見学を行っている。 授業では企業の管理職を招かれ、学生に企業で実際に行われている経営活動について現場の生の声を聞かせている。学生に外国大学の教育と生きた英語を経験してもらうため、留学指導を行っている。
2. 研究活動の方針:私の研究は、多国籍企業とBRICs諸国の最新動向と将来展望を研究し、諸課題を検討することである。多国籍企業において理論と実践両面から考察する研究が必要とされています。企業のグローバル化や国境を超えた企業活動、トランスナショナル企業の将来展望等に関する実態調査研究を行っていく中で、理論を適用するだけではなく、実態調査研究の分析結果を理論的に解釈する方法を示すことで多国籍企業での活用が期待できる。
3. 社会活動の方針:私の研究から得られた結論や情報等が企業に幅広く活躍してもらうため、国際学会で発表し、専門雑誌に掲載する。企業活動や社会活動等において調査研究を行う企業の担当者や経営者に対して適切な方法のアドバイスを行い担当者が自力で問題解決できるようにサポートする。
■ メールアドレス
  kyoin_mail
  kyoin_mail