研究者総覧   
   TOPページ   


    (最終更新日:2019-03-22 15:23:21)
  アララギ ユキコ   
  蘭 由岐子
   所属   追手門学院大学  社会学部 社会学科
    追手門学院大学  大学院 現代社会文化研究科 現代社会学専攻
   職種   教授
■ 一般向け情報
研究ジャンル : 社会問題
研究のキーワード : ハンセン病 薬害HIV
研究に関するコメント : 1990年代なかばよりハンセン病問題、2001年より薬害HIV問題の社会学的研究をやっています。主に、病者の「病いの経験」に焦点をあてて考察しています。
■ 職歴
1. 1983/04~1999/04 熊本大学 医療技術短期大学部 非常勤講師
2. 1994/04~1999/03 九州女子大学 家政学部 講師
3. 1999/04~2005/03 賢明女子学院短期大学 家政科 助教授
4. 2005/04~2012/03 神戸市看護大学 看護学部看護学科 助教授・准教授
5. 2012/04~ 追手門学院大学 社会学部 社会学科 教授
全件表示(7件)
■ 著書・論文歴
1. 論文  スウェーデンにおける婚姻外同棲の法的地位 (単著) 1982/09
2. 論文  人口分析にもとづく天草漁村の考察―御所浦町を事例として (単著) 1985/09
3. 著書  都市移住の社会学 (共著・編著(代表編著を除く)) 1994/06
4. 論文  On the Frameworks of Ethnomethodology (単著) 1995/03
5. 論文  ハンセン病療養所に関する予備的考察―その制度的側面を中心として (単著) 1996/03
全件表示(53件)
■ 所属学会
1. 1999/04~ 日本保健医療社会学会
2. 2015/05~2016/05 ∟ 会長
3. 2013/05~2015/05 ∟ 監事
4. 2009/05~2013/05 ∟ 理事
5. 2007/05~2009/05 ∟ 評議員
全件表示(19件)
■ 学会発表
1. 1987/11 家族論の現在(第34回日本家政学会九州支部総会)
2. 1993/10 質的調査の可能性―グラウンディッド・セオリーの枠組みとその意義(第40回日本家政学会九州支部総会)
3. 1996/09 ハンセン病療養所入所者にとっての「家族」(日本家族社会学会第6回大会)
4. 1999/06 ハンセン病という「病いの経験」(第71会日本ハンセン病学会総会・学術大会)
5. 2001/05/11 社会復帰者の「病いの語り」(第74回日本ハンセン病学会総会・学術大会)
全件表示(29件)
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2002/10 ソーシャルワーカーのための社会学
2. 1994/03/01 熊本市女性政策課女性問題学習ガイド『あなたの人生は、今、どのあたりですか』
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2013/04/01~ 日本学生ボランティアセンター寄付講座開講
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2017/04~  何が「被害」の連帯を可能にするのか―「薬害HIV」問題の日英比較 基盤研究B 
2. 2015/04~2020/03  ハンセン病問題の多声的記述―「和解の時代」の研究展開 基盤研究(B) 
3. 2015/04~  血友病医療における病院と在宅をつなぐ看護ケアの検討 基盤研究C 
4. 2013/04~2016/03  「薬害教育」に向けた多声的「薬害」概念の提起 基盤研究(B) 
5. 2011/04~2015/03  ハンセン病問題の新視角―〈隔離〉の知から〈つながり〉の知へ 基盤研究(B) 
全件表示(15件)
■ 講師・講演
1. 1999/03 「生」の深淵―ハンセン病療養所での研究から(香川県庵治町)
2. 2013/07 語りを聞くということ ―‘宝’発掘のひとつの方法―
3. 2019/03 語りのちから―ハンセン病ライフストーリー調査の経験から(西宮市)
■ 社会における活動
1. 2017/05~2017/05 日本保健医療社会学会第43回大会(於:佛教大学)
2. 2016/07~2017/03 名古屋大学大学院文学研究科における博士学位申請論文審査委員会委員
3. 2016/05~2016/05 第42回日本保健医療社会学会大会 大会長
4. 2015/08~2016/03 SMHF Review Committee on grant applications for FY 2016
5. 2015/02~2015/02 笹川記念保健協力財団主催・追手門学院大学共催講演会「ハンセン病問題を語り継ぐもの―マレーシア・中国・日本より」
全件表示(13件)
■ 資格・免許
1. 2005/10 専門社会調査士
■ 学内職務
1. 2012/04~2013/03 国際交流教育センター委員会委員
2. 2013/04~2017/03 ハラスメント相談員
3. 2013/04~2014/03 学生部委員会委員
4. 2014/04~2018/03 研究倫理委員会委員
5. 2015/04~ 大学院自己評価委員