研究者総覧   
   TOPページ   


    (最終更新日:2018-08-20 13:30:24)
  タキバタ マリコ   
  瀧端 真理子
   所属   追手門学院大学  心理学部 心理学科
   職種   教授
■ 一般向け情報
研究ジャンル : 教育・学校
研究のキーワード : 博物館 ミュージアム 美術館
研究に関するコメント : 博物館(ミュージアム)がなぜ誕生したのか、また、博物館が社会で果たす役割と、市民が博物館を支える方法について研究しています。
■ 学歴
1. 1994/04~1997/03 京都大学大学院 教育学研究科教育方法学専攻博士後期課程 博士課程単位取得満期退学
2. 1992/04~1994/03 京都大学大学院 教育学研究科教育方法学専攻修士課程 修士課程修了 修士(教育学)
3. 1990/04~1992/03 京都大学 教育学部 卒業 学士(教育学)
4. 1979/04~1981/03 京都大学 文学部 史学科 卒業 学士(文学)
5. 1977/04~1979/03 京都大学 経済学部
■ 職歴
1. 2010/04~ 追手門学院大学 心理学部 心理学科 教授
2. 2007/04~2010/03 追手門学院大学 心理学部 准教授
3. 2006/04~2007/03 追手門学院大学 心理学部 助教授
4. 2004/04~2006/03 追手門学院大学 人間学部 助教授
5. 2000/04~2004/03 追手門学院大学 人間学部 講師
全件表示(9件)
■ 著書・論文歴
1. その他 アメリカ合衆国のミュージアムにおける寄附金獲得戦略(1) (単著) 2018/03
2. その他 アメリカ合衆国の博物館入館料に関する調査(4) (単著) 2017/03 Link
3. 論文  Occurrence and Molecular Barcode of the Freshwater Heteronemertean Apatronemertes albimaculosa (Nemertea: Pilidiophora) from Japan (共著・編著(代表編著を除く)) 2016/11 Link
4. その他 アメリカ合衆国の博物館入館料に関する調査(3) (単著) 2016/03 Link
5. 論文  日本の博物館はなぜ無料でないのか?―博物館法制定までの議論を中心に― (単著) 2016/03 Link
全件表示(46件)
■ 現在の専門分野
博物館学(博物館研究), 社会教育 (キーワード:Museum Studies, Adult and Community Education) 
■ 所属学会
1. 2015/07~ 日本文化人類学会 Link
2. 2010 International Council of Museums Link
3. 2000~ 全日本博物館学会 Link
4. 2016/06~ ∟ 会計幹事
5. 1992~ 日本社会教育学会 Link
全件表示(7件)
■ 学会発表
1. 2017/09/17 研究の記録管理と資料保存(日本社会教育学会第64回研究大会) Link
2. 2017/09/16 英国における高齢者対応博物館教育活動の展開(日本社会教育学会第64回研究大会) Link
3. 2017/07/02 ニューヨーク市と隣接地域のミュージアム入館料と優遇制度(全日本博物館学会第43回研究大会) Link
4. 2016/09/18 個人所有資料の保存活用と世代間継承を考える(日本社会教育学会第63回研究大会) Link
5. 2016/09/17 アメリカ合衆国におけるミュージアムと高齢者の互恵的関係(日本社会教育学会第63回研究大会) Link
全件表示(34件)
■ 受賞学術賞
1. 2016/09 科学研究費助成事業審査委員表彰(平成28年度) Link
2. 2012/10 科学研究費助成事業審査委員表彰(平成24年度) Link
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2014/09~ WebClassを用いた授業運営
●作成した教科書、教材
1. 2001/03~ 学芸員課程年報Musaの編集発行
●教育に関する発表
1. 2016/08 「WebClassを用いた授業運営の長所と課題」追手門学院大学情報メディア課『情報メディア課 年報』Vol.1, pp.20-32.
2. 2015/05/30 学芸員養成課程における大学と博物館の連携方策を考える Link
3. 2013/09/12 博物館実習の現状と課題~『三方よし』の実習は実現可能か(平成25年度滋賀県博物館協議会第1回研修会)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2017/04~2021/03  ミュージアムと高齢者の互恵的関係に関する研究 基盤研究(B)(一般)  Link
2. 2013/04~2017/03  入館料問題を切り口とする博物館の公共性に関する研究 基盤研究(C)  Link
3. 2010/04~2013/03  自治体財政難が公立博物館に及ぼす長期的影響に関する研究 基盤研究(C)  Link
4. 2005/04~2009/03  公立博物館の成立と存続に関する研究一市民との関係構築の視点から一 基盤研究C  Link
5. 2002/04~2004/03  博物館における市民参加に関する歴史的研究 基盤研究C2  Link
全件表示(8件)
■ 講師・講演
1. 2015/06 科研費獲得のための戦略的方策(青森県(青森中央学院大学))
2. 2014/02 小規模館運営の現状と課題―社会構造の変化と博物館をめぐる法制度改革の動向を踏まえて―(愛媛県今治市) Link
3. 2013/09 博物館実習の現状と課題~『三方よし』の実習は実現可能か~(滋賀)
4. 2013/08 社会教育計画(博物館経営の実際)(神戸大学)
5. 2013/05 那覇の農連市場と世界のマーケット(日本民家集落博物館) Link
全件表示(20件)
■ 社会における活動
1. 2017/06 みんかのセミナー 高齢者と博物館のよりよき関係とは?
2. 2014/12~2016/11 独立行政法人日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員 Link
3. 2000/05~ 茨木市立文化財資料館運営審議会委員
4. 2014/07~2015/03 公益財団法人大阪市博物館協会外部評価委員 Link
5. 2012/04~ 日本民家集落博物館運営協議会委員
全件表示(33件)
■ 委員会・協会等
1. 2001/05~2005/05 日本エコミュージアム研究会 理事
2. 2004/08~2005/03 茨木市観光・物産振興事業実施検討委員会 アドバイザー
3. 2005/07~2006/03 茨木市観光振興事業実施検討委員会 アドバイザー
■ 学内職務
1. 2000/04~2001/03 人間学部紀要編集委員長
2. 2001/04~2003/03 人間学部自己評価委員
3. 2001/04~2005/03 人権委員会出版・資料部会委員
4. 2003/04~2005/03 人間学部教務委員
5. 2005/03~2006/03 人間学部FD・自己評価委員自己評価部会委員
全件表示(12件)
■ 学生支援
1. 海外セミナー(ロンドン)2006年度引率
■ ホームページ
   ReaD&Researchmap
   takibata's blog