(最終更新日:2020-06-23 10:23:16)
  シンドウ  マサヒロ
  真銅 正宏
   所属   追手門学院大学  国際教養学部 国際日本学科
   追手門学院大学  大学院 現代社会文化研究科 国際教養学専攻
   追手門学院大学  学長
   職種   教授
■ 一般向け情報
研究ジャンル : 本と文芸
日本文学 小説 日本文化 文芸 文学理論 食通小説 紀行文 旅行記 大阪 ベストセラー 永井荷風 偶然論 匂い 香り
日本の近現代文学を対象に、小説に描かれた伝統音楽や味、匂いや香り、触感などの五感の表現の効果、小説の作られ方や流行の仕組み、世界の都市および日本各地の描かれ方などについて研究しています。
■ 学歴
1. 1981/04~1985/03 神戸大学 文学部 卒業
2. 1985/04~1988/03 神戸大学 文学研究科 修士課程修了 文学修士
3. 1988/04~1992/03 神戸大学 文化学研究科 博士課程単位取得満期退学
4. 2016/09/21
(学位取得)
神戸大学 博士(文学)
■ 職歴
1. 1992/04~1994/03 徳島大学 総合科学部 専任講師
2. 1994/04~1995/03 徳島大学 総合科学部 助教授
3. 1995/04~2001/03 同志社大学 文学部 助教授
4. 2001/04~2014/06 同志社大学 文学部 教授
5. 2015/04~2016/03 追手門学院大学 国際教養学部 英語コミュニケーション学科 教授
全件表示(9件)
■ 著書・論文歴
1. 著書  まほろば文学街道 (単著) 2020/02
2. 著書  宿命の物語を創造する 宮本輝の小説作法PartⅠ (単著) 2020/01
3. 著書  匂いと香りの文学誌 (単著) 2019/10
4. 著書  触感の文学史 (単著) 2016/04
5. 著書  偶然の日本文学 (単著) 2014/09
全件表示(207件)
■ 現在の専門分野
日本文学 
■ 所属学会
1. 1988/05~ 日本近代文学会
2. 2006/04~2018/03 ∟ 評議員
3. 1989/07~ 昭和文学会
4. 2002/04~ ∟ 幹事
5. 1989/02~ 日本文学協会
全件表示(6件)
■ 学会発表
1. 2017/12/02 情報は人が持っている―明治期の文学と絵画をめぐるネットワーク―(日本比較文学会中部支部第42回中部大会シンポジウム)
2. 2017/07/29 村上春樹文学における音と匂い(日本近代文学会北海道・東北支部合同研究集会)
3. 2011/11 日常空間と文字記号の空間―文学者の日記を補助線として―(日本近代文学会秋季大会シンポジウム「文学と公共性――研究環境・研究方法の前線(五)」)
4. 2010/02 世界一周旅行記の中のイタリア―日本人旅行者の見たイタリア―(京都大学人文科学研究所共同研究班例会「近代日本と異文化接触―「同時代化」を生きた人々の記録―」)
5. 2009/11 近くて遠きもの、「文学研究」と「小説の書き方」(日本文学協会二〇〇九年度秋季大会「文学との出会い方」)
全件表示(17件)
■ 教育上の能力
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2014/10/23~ 社団法人日本プレゼン・スピーチ能力検定協会2級
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2017/04~2020/03  日本近現代文学における聴覚要素の表現的特徴に関する基礎的研究 基盤研究(C)(学術研究助成基金助成金) 
2. 2008/04~2011/03  日本近代のイタリア旅行記に見る西洋文化移入の総合的研究 基盤研究(C)(一般) 
3. 2005/04~2007/03  日本近代の雑誌メディアにおける西洋音楽およびオペラ受容の総合的研究 基盤研究(C)(一般) 
4. 1994/04~1995/03  永井荷風の文学と歌舞伎および江戸音曲等の周辺芸能との交流の研究 若手研究 
■ 講師・講演
1. 2016/07/09 与謝野晶子・関西における人間模様(さかい利晶の杜(堺市))
2. 2016/06/28 近代日本の文化人に学ぶ、真の国際感覚の磨き方(リーガロイヤルホテル大阪)
3. 2016/06/10 Japan's Food Culture and Cross-Cultural Acceptance - Sushi, Tempura, Pasta and Wine, -(Rome, Italy)
4. 2015/09/10 世界を「食べる」―近代海外旅行記の中の「食」(リーガロイヤルホテル大阪)
5. 2013/12/06 日本近代文学研究の転換期(中国・青島)
全件表示(10件)
■ 社会における活動
1. 2019/01 「大和の風土と文学」斑鳩―夢殿と聖徳太子伝説―
2. 2018/12 「大和の風土と文学」吉野―南朝の悲劇と天誅組―
3. 2018/10 「大和の風土と文学」文学の中の土地の香り―宇野浩二「若い日の事」「枯野の夢」―
4. 2018/09 「大和の風土と文学」近代における「大和」の再発見―和辻哲郎『古寺巡礼』その他―
5. 2018/07 「大和の風土と文学」大坂から大和「新ノ口村」へ―近松門左衛門『冥途の飛脚』―
全件表示(80件)
■ 委員会・協会等
1. 2013/04/01~2015/03/31 日本近代文学会 編集委員会委員
2. 2006/04/01~2018/03/31 日本近代文学会 評議員
3. 2006/04/01~2008/03/31 日本近代文学会 編集委員会委員
4. 2005/04/01~2007/03/31 日本文学協会 委員選考委員
5. 2002/04/01~ 昭和文学会 幹事
全件表示(6件)
■ 学内役職・委員
1. 2015/09/01~ 追手門学院大学 図書館・情報メディア部長
2. 2017/04/01~ 追手門学院大学 副学長
■ 学内職務
1. 2015/04~ 宮本輝ミュージアム プログラム・ディレクター
2. 2016/04~2017/03 国際教養学部改組学長・学部長特命業務
■ 教育、研究、社会貢献活動の方針
1. (1)教育活動の方針 日常の生活の中で気づかなくなっている、社会の仕組や本質、不可解な点などについて、積極的に疑問を抱き、その疑問について、多角的な解決を目指す思考と、その根拠となる事例について、文学作品の分析などを通じて考えさせることを主たる方針としている。
2. (2)研究活動の方針 文学作品、特に日本の近現代文学を主な対象とし、文学作品に描かれたさまざまなものや感覚的要素、思想やさまざまな土地の特性などを、通時的に、またさまざまな作家や作品を通覧する形で分析することにより、現実空間と虚構空間との差異と越境について考察することを方針としている。また、図書館やWEB上の情報など、あらゆる資料の文学研究の場への積極的活用をも研究の基盤に据えて行っている。
3. (3)社会貢献活動の方針 文学研究によって得られた知見を、社会に還元することにより、より幅広い世代に現実社会の仕組や本質について考える契機を与えることができるよう、高齢者大学等において、積極的に講演活動や講座講義などを行っている。