(最終更新日:2020-11-07 18:18:59)
  ハラダ アキラ
  原田 章
   所属   追手門学院大学  経営学部 マーケティング学科
   追手門学院大学  大学院 経営・経済研究科
   職種   教授
■ 一般向け情報
研究ジャンル : 社会心理
研究のキーワード : 統計解析 データサイエンス
研究に関するコメント : アンケート調査や実験を行ったときに得られるデータの解析方法や、こうした手法に依らない心理測定法の研究を行っています。
■ 学歴
1. 1988/04~1992/03 大阪大学 人間科学部 行動学専修 卒業
2. 1992/04~1994/03 大阪大学大学院 人間科学研究科 行動学専攻 修士課程修了 修士
■ 職歴
1. 1994/04~1996/03 大阪大学 情報処理教育センター 助手
2. 1996/04~2000/03 大阪大学 人間科学部 助手
3. 2000/04~2003/03 大阪大学大学院 人間科学研究科 助手
4. 2003/04~2006/03 甲子園大学 人文学部 専任講師
5. 2006/04~2008/03 甲子園短期大学 助教授
全件表示(11件)
■ 著書・論文歴
1. 著書  統計解析の心構えと実践 (共著・編著(代表編著を除く)) 2013/10 Link
2. 著書  犯罪研究における統計分析 (単著) 2016/09
3. 論文  追手門ロボットチャレンジ2018から得られた学生への教育効果 : 小学生にプログラムを教えた経験をもとに (共著・編著(代表編著を除く)) 2019/03/29 Link
4. 論文  追手門ロボットチャレンジ2017に参加した学生に対する教育効果 : 小学生にプログラムを教えた経験をもとに (共著・編著(代表編著を除く)) 2018/03/29 Link
5. 論文  「大学生基礎力レポート I (新入生版)」結果の入試区分による差異 (単著) 2018/03/01 Link
全件表示(31件)
■ 授業科目
1. 基礎演習2
2. 経営・経済研究演習I
3. 経営・経済研究演習II
4. 経営・経済研究特別演習I
5. 経営・経済研究特別演習II
全件表示(15件)
■ 現在の専門分野
行動計量学, 産業心理学, 教育心理学, 統計科学, 実験心理学 (キーワード:因子分析,仮想街空間構成法、心理学) 
■ 所属学会
1. 2012/04~ 外国語教育メディア学会
2. 2003/09~ 日本教育心理学会
3. 2003/09~ 日本犯罪心理学会
4. 1998/08~ 日本行動計量学会
5. 1998/08~ 認知科学会
全件表示(7件)
■ 学会発表
1. 2020/09/03 大学教職員のリモートワークを目指した働き方改革の試み(2020年度私情教教育イノベーション大会)
2. 2019/09/15 大学でのキャリア教育は卒業時の就業に影響を与えるのか:−制度的位置づけと就職先の企業規模の観点から−(日本教育心理学会第61回総会)
3. 2018/09/16 社会人講話が大学生のキャリア意識に与える影響(日本教育心理学会第60回総会)
4. 2016/09/01 経営学部ゼミナールにおけるプログラミング導入教育の効果および分析(日本行動計量学会第44回大会)
5. 2016/02/06 一般教室・講義形式の授業に対するWebClassを用いた動的支援(メディア教育シンポジウム「ICTの教育活用と高大連携」)
全件表示(21件)
■ 受賞学術賞
1. 2007 2007年情報教育研究集会平成18年度優秀論文賞受賞
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2011/09~2012/01 コンビニの観察実習
2. 2007/10/24~2007/10/24 クロマキー合成を用いたナレーション実習
3. 2006/11/29~2006/11/29 アナウンサー実習授業における声紋分析装置の導入
●作成した教科書、教材
1. 2007/04/10~2012/03/31 SPSSの講義資料(200ページ程度)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2014/04~  WebClassのタブレット・スマートフォン向けインターフェイス開発  (キーワード:WebClass, LMS, スマートフォン, Active Learning)
2. 2014/04~2017/03  情報の科学・技術の仕組みを体験的に学べる教材ソフトウェアの開発に関する研究 基盤研究(C) 
3. 2013/04~2017/03  「プログラムによる計測と制御」を学ぶための女子生徒向け教材の開発と普及 基盤研究(C) 
4. 2012/04~2015/03  原子力災害時のリスクコミュニケーション:内容分析と再現実験に基づくモデルの再構築 基盤研究(C) 
5. 2007/10~2011/10  子どもの犯罪リスク認知測定ツールの開発  
■ 講師・講演
1. 2020/10/30 大学教職員のリモートワークを目指した働き方改革の試み
2. 2020/10/07 テレワークができる環境を構築した働き方改革
3. 2019/06/27 行動計量学入門
4. 2016/08/08 Excelによる統計解析入門
5. 2016/06/02 行動計量学入門(関東管区警察学校)
全件表示(9件)
■ 社会における活動
1. 2019/06~2019/06 警察庁防犯実務専科・犯罪情勢分析コースでの講演「行動計量学入門」
2. 2018/06~2018/06 警察庁防犯実務専科・犯罪情勢分析コースでの講演「行動計量学入門」
3. 2017/06~2017/06 警察庁防犯実務専科・犯罪情勢分析コースでの講演「行動計量学入門」
4. 2016/06 警察庁防犯実務専科・犯罪情勢分析コースでの講演「行動計量学入門」
5. 2015/06 警察庁防犯実務専科・犯罪情勢分析コースでの講演「行動計量学入門」
全件表示(9件)
■ 展覧会・演奏会・競技会等
1. 2010/09 大阪教育大学学校危機メンタルサポートセンター第53回定期セミナー「学校における子ども向け防災・防犯教育のあり方」(大阪教育大学学校危機メンタルサポートセンター)
■ 委員会・協会等
1. 2019/06/01~ 私立大学情報教育協会教育イノベーション大会運営委員 委員
2. 2018/02/22~ 大阪府警防犯対策高度化協働研究会 座長
3. 2000/10/01~2001/07/31 International Meeting of the Psychometric Society 2001 学会運営委員
■ 資格・免許
1. 2006/10/01 専門社会調査士
■ 学内役職・委員
1. 2014/04/01~2016/03/31 追手門学院大学 教務部長
2. 2016/04/01~2019/03/31 追手門学院大学 経営学部長
3. 2018/04/01~ 追手門学院大学 教育開発センター長
4. 2018/04/01~2020/03/31 追手門学院大学 副学長
5. 2020/04/01~ 追手門学院大学 アサーティブ研究センター長
全件表示(7件)
■ 学内職務
1. 2010/04~2011/03 総合情報教育センター委員
2. 2011/04~2012/04 キャリア開発部委員
3. 2012/04~2015/03 ベンチャービジネス研究所所員
4. 2012/04~2013/03 入試主事
5. 2015/04~ ベンチャービジネス研究所研究員
■ 学生支援
1. 2010/04~2013/04 追手門学院大学漕艇部顧問
2. 2013/04~2014/03 ゼミ生20名うち17名が就職した
3. 2014/04~2015/03 ゼミ生の就職指導
4. 2016/04~ 漕艇部顧問
■ 教育、研究、社会貢献活動の方針
1. 教育活動の方針:予測困難な社会の中で生きていくためには,自身で客観的に判断する能力が求められる.そのため,学生には直面する現実の問題に対して直感に頼らずデータに基づいた思考ができるようになってほしい.観察・調査・実験を行いながら行動計量学や心理学の基礎的理論および方法論について教えている.
2. 研究活動の方針:私の研究は行動計量学やデータ科学の最新理論を追求し,現実のデータに適用する際の問題を検討することである.現実社会において理論と実践の両者を繋ぐ研究が必要とされている.本研究を行っていく中で,理論を適用するだけでなく,計測データの分析結果を理論的に解釈する方法も示すことで実社会での活用が期待できる.
3. 社会貢献活動の方針:基本的な方針は,データに基づいた思考を用いて問題解決するための方法を還元することである.社会活動において開発や調査を行う担当者に対して適切な方法のアドバイスや成果物に対する評価を行い担当者が自力で問題解決できるようにサポートする.
■ メールアドレス
  kyoin_mail