研究者総覧   
   TOPページ   


    (最終更新日:2018-09-12 00:25:27)
  カナコギ ヤスヒロ   
  鹿子木 康弘
   所属   追手門学院大学  心理学部 心理学科
    追手門学院大学  大学院 心理学研究科
   職種   准教授
■ 一般向け情報
研究ジャンル : 育児
研究のキーワード : 乳児、幼児、道徳発達、学習
研究に関するコメント : 乳幼児の認知発達を専門として研究を行っています。特に、乳幼児期の道徳性や人へのやさしさ、他者をどのように理解し、また他者からどのように学習するのかに関心があります。
■ 学歴
1. 2009/04~2012/03 京都大学大学院 文学研究科 博士課程修了 博士(文学)
■ 職歴
1. 2010/04~2012/03 京都大学大学院 文学研究科 日本学術振興会特別研究員(DC2)
2. 2012/04~2013/03 東京大学大学院 総合文化研究科 特別研究員
3. 2013/04~2016/03 京都大学大学院 教育学研究科 特定助教
4. 2016/04~2018/03 NTTコミュニケーション科学基礎研究所 協創情報研究部 日本学術振興会特別研究員(PD)
5. 2017/11~2018/05 ATR 連携研究員
全件表示(8件)
■ 著書・論文歴
1. 著書  発達初期の社会的認知スキル (単著) 2018/03
2. 著書  社会性・道徳性の発達 (共著・編著(代表編著を除く)) 2018/01
3. 著書  ロボットは人の心をもてるのか―共感性が秘密の鍵. (共著・編著(代表編著を除く)) 2016
4. 著書  発達早期のミラーニューロンシステム―他者の動きの意味を理解する. (単著) 2016
5. 著書  乳幼児期の向社会性―赤ちゃんは生まれながらにやさしいのか? (単著) 2015
全件表示(39件)
■ 現在の専門分野
教育心理学, 実験心理学 
■ 所属学会
1. 関西心理学会
2. 日本教育心理学会
3. 日本心理学会
4. 日本赤ちゃん学会
5. 2013/04~2017/12 ∟ 若手部会幹部メンバー
全件表示(7件)
■ 学会発表
1. 2018/08 うわさを信じる7歳児、信じない5歳児:パートナー選択課題におけるうわさの効果の検討.(日本認知科学会第35回大会)
2. 2018/07 乳児の学習におけるcue(手がかり)の効果比較:顕示手がかりと注意手がかりを用いた検討.(日本赤ちゃん学会第18回学術集会)
3. 2018/07 発達早期の社会的認知-行為理解,道徳判断,社会的学習-(土曜カフェ)
4. 2018/05 発達早期の社会的認知-行為理解,道徳判断,社会的学習-発達(CAPS研究会)
5. 2018/03 When do children begin to utilize gossip to evaluate others?(Workshop on Gossip, Reputation and Honesty)
全件表示(88件)
■ 受賞学術賞
1. 2018/07 Young Investigator's Award(YIA)
2. 2017/09 第5回野島久雄賞
3. 2012/10 研究奨励賞受賞
4. 2011/11 研究奨励賞受賞
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2016/04~2018/03  乳幼児期における向社会性の発達メカニズムの解明:その性質と変容プロセスに着目して 科学研究費補助金 (特別研究員奨励費 (PD) ) 
2. 2010/04~2012/03  他者の行為理解の発達プロセス及びそのメカニズムの解明:知覚と行為の関連から 科学研究費補助金 (特別研究員奨励費 (DC2) ) 
■ 社会における活動
1. 2018/03 “共感する心”を科学する 「赤ちゃんは生まれながらに正しく,やさしいのか?」
2. 2017/11 “共感する心”を科学する 「赤ちゃんは生まれながらに正しく,やさしいのか?」
3. 2013/12 京都大学アカデミックデイ2013 「ヒトの心のはたらきの発達」
4. 2013/10 学問発見講座 「赤ちゃん学のすすめ」