カワグチ ジュン
  川口 潤
   所属   追手門学院大学  心理学部 心理学科
   追手門学院大学  大学院 心理学研究科
   職種   教授
発表年月日 2008
発表テーマ Yes-No再認テストを用いた検索経験による検索誘導性忘却
会議名 日本認知心理学会
主催者 日本認知心理学会発表論文集
学会区分 全国学会
発表形式 ポスター
発表者・共同発表者 山田 陽平,月元 敬,川口 潤
概要 検索誘導性忘却とは,事前に記憶内のある情報だけを思い出すことによって,後に関連する情報が思い出しにくくなる現象である (Anderson, 2003)。本研究では,検索経験として事前に行う手がかり再生テストを再認テストに代えて,検索誘導性忘却が生じるのかどうかを検討した。山田・月元・川口 (2007, 日心) は強制選択再認テストによる検索誘導性忘却を確認しており,ディストラクタによる干渉の影響であることが示唆されている。しかしながら,ターゲットとディストラクタの対呈示による選択プロセスが何らかの影響を及ぼしていたのかもしれない。そこで,本研究ではYes-No再認テストを用いて,検索誘導性忘却が認められるのか否かを検討した。その結果,検索誘導性忘却が認められた。これは,強制選択による選択プロセスの関与を棄却するものであり,再認テストによる検索誘導性忘却はディストラクタによる干渉効果であると考えられる。
researchmap用URL https://ci.nii.ac.jp/naid/130005036299#article