カワグチ ジュン
  川口 潤
   所属   追手門学院大学  心理学部 心理学科
   追手門学院大学  大学院 心理学研究科
   職種   教授
発表年月日 2013
発表テーマ 未知の人工物に対する心の知覚
会議名 日本認知心理学会
主催者 日本認知心理学会発表論文集
学会区分 全国学会
発表形式 ポスター
発表者・共同発表者 海野 真史,伊藤 友一,川口 潤
概要 心の知覚は,experience(感覚・感情があるか)とagency(意図があるか)の2つの次元で説明可能だと主張されている。ただし,この主張の基礎となる研究では,既知の対象(e.g., 犬,成人男性)だけを扱っていた。そこで,本研究では,未知の対象(コンピュータエージェント)に対しても,心の知覚がexperienceとagencyで説明可能なのかを検討する。本研究では,エージェントに対する心の知覚を参加者に促すため,参加者とエージェントとのコンピュータを介したジャンケンによるコミュニケーション課題を設定した。コミュニケーション課題終了後,experience,agency,および心そのものついて,どの程度エージェントから知覚されたかを参加者に尋ねた。回答された評定値を回帰分析した結果,心の知覚を目的変数とした場合に,experienceの次元の影響が大きいことが明らかになった。
researchmap用URL https://ci.nii.ac.jp/naid/130005472785#article