研究者総覧   
     


  アララギ ユキコ   
  蘭 由岐子
   所属   追手門学院大学  社会学部 社会学科
    追手門学院大学  大学院 現代社会文化研究科 現代社会学専攻
   職種   教授
発表年月日 2012/11/24
発表テーマ 「生きる」語りの分析 くらしの現場から 第2報:恋愛、結婚の経験
発表学会名 第26回日本エイズ学会学術集会・総会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 慶應義塾大学日吉キャンパス:横浜
発表者・共同発表者 伊藤美樹子、大村佳代子、九津見雅美、山田富秋、蘭由岐子、藤原良次、森戸克則、花井十伍
概要 血友病HIV感染者の恋愛や結婚の経験についての語りに着目して、分析した。結婚に至らなかった場合、その理由を自身の病気や障害それ自体に帰責することはなかったが、恋愛や結婚を考えた経験は、他者への対峙だけでなく、患者自身の病いのとらえ方とも深く関わっていた。