研究者総覧   
     


  アララギ ユキコ   
  蘭 由岐子
   所属   追手門学院大学  社会学部 社会学科
    追手門学院大学  大学院 現代社会文化研究科 現代社会学専攻
   職種   教授
発表年月日 2001/05/11
発表テーマ 社会復帰者の「病いの語り」
発表学会名 第74回日本ハンセン病学会総会・学術大会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 単独
開催地名 米子コンベンションセンター:一橋大学
概要 ハンセン病療養所から社会復帰した3人の男性の「病いの語り」を分析し、ハンセン病を病みつつ「社会」に生きることの意味をさぐった。絶対隔離政策をとったハンセン病政策がハンセン病医学自体を「隔離」してしまったがゆえに起こった困難を指摘した。