ショウノ オサム
  庄野 修
   所属   追手門学院大学  心理学部 心理学科
   職種   教授
発表年月日 2013/11
発表テーマ Is the pro-kinetic versus anti-kinetic dichotomy of the direct and indirect pathways of the basal ganglia necessary for accounting dopaminergic modulation of reaction times?
会議名 The 2013 Annual Meeting of the Society for Neuroscience.
学会区分 国際学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 単独
開催地名 San Diego, CA, USA
発表者・共同発表者 Osamu Shouno