ハヤシ ユウキ
  林 勇樹
   所属   追手門学院大学  社会学部 社会学科
   職種   講師
発表年月日 2023/08/31
発表テーマ 仮想空間における選手アバターを利用した多目的球技場カメラの最適配置方法(1)-実在する多目的球技場の3Dシミュレーション環境構築-
会議名 2023年映像情報メディア学会年次大会
主催者 映像情報メディア学会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 東京理科大学 葛飾キャンパス
開催期間 2023/08/30~2023/09/01
発表者・共同発表者 ◎菰淵 寛仁 ・ 林 勇樹 ・ 丸野 進 ・ 松井 健(追手門学院大学)
概要 AI技術との組み合わせによる球技場でのカメラ映像利用への要望も高まっており、サッカー競技ではボールに関与していない選手のポジショニングや、DFラインの確認など機械学習を利用した全体戦術解析の技術開発が進んでいるものの、元となるカメラ映像の物理的制約を免れることはできず、使い勝手を優先して少数カメラで画角を広角に振るとパースペクティブ効果や収差が、標準に近づけると死角領域が増える結果となり視認性低下や解析時や観戦時にストレスを生む結果となる。さらに、教育現場で多く接する機会がある多目的競技場では、サッカー(FIFAサイズ)、アメフト、ラグビー、ラクロス、ミニサッカーなどサイズの異なるフィールドに対応する必要があり、単一種目専用競技場とは異なる課題を抱えている。今回、選手アバターの動きを4台のマルチ・バーチャルカメラで捉えた際の映像の視認性評価を観戦者のアイトラッキングにより解析するシステムを構築することでカメラ位置の最適化を行った