研究者総覧   
     


  アララギ ユキコ   
  蘭 由岐子
   所属   追手門学院大学  社会学部 社会学科
    追手門学院大学  大学院 現代社会文化研究科 現代社会学専攻
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2004/12
形態種別 論文
招待 招待あり
標題 生活史を語ることの困難―あるハンセン病者の語りから
執筆形態 単著
掲載誌名 歴史評論
出版社・発行元 校倉書房
巻・号・頁 (656),33-43頁
概要 ライフヒストリーの聞き取りの手法を駆使して多様な病者像を示唆しながらも、家族を背負い続けてきたあるハンセン病者の語りを通して、本来ならば「ちから」の源泉であるはずの「語り」にためらいを生じさせる、療養所生活の「しくみ」の問題性を指摘した。