研究者総覧   
     


  アララギ ユキコ   
  蘭 由岐子
   所属   追手門学院大学  社会学部 社会学科
    追手門学院大学  大学院 現代社会文化研究科 現代社会学専攻
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2010/03
形態種別 その他
標題 血友病臨床医の問題経験―Qd医師の場合
執筆形態 単著
掲載誌名 「薬害HIV」問題経験の社会学的研究
出版社・発行元 平成19~21年度科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書
巻・号・頁 56-69頁
概要 「薬害HIV」問題に直面したひとりの医師へのオーラルヒストリー調査にもとづき、当時の血友病医療の実際とHIV感染についての意味づけ―事件発生当時、医療現場では、HIV感染の宿主に対する意味や血液製剤の汚染状況などは刻一刻と変化していた―について、あきらかにした。このインタビューから、のちに薬害エイズ裁判の原告から強く非難されることとなった事態の詳細が判明した。